ここから本文です

3メートル宇宙人が山形に出現!?目がソフトボール大の生命体

10/21(日) 11:10配信

東スポWeb

 山形県の山中に「3メートルの宇宙人」が出現した! 夜、ブラックバス釣りのために山に入った20代男性Aさんが、クマのような獣を従える身長2メートル数十センチの巨人を目撃。恐怖におののき、必死に逃げ出した体験を明らかにした。巨人は「フラットウッズ・モンスター」といわれ、その正体をオカルト評論家の山口敏太郎氏が解き明かした。

 今月4日、Aさんは友人とともにブラックバス釣りのため、車で山形県米沢市の山奥に入った。何度も通っている湖への山道だ。午後9時半ごろにポイントに到着。車から釣り道具を取り出し、水辺に向かったところ、人型モンスターに遭遇した。

 Aさんは夜釣りが大好きで、野生動物の足音などが聞こえたら、とりあえずヘッドライトで照らして、脅かして追い払うのが常だった。

「ガサッという音がしたから僕と友人が同時にライトを照らしたんです。20~30メートルほど先に、大型バイクぐらいの黒い塊の獣がうずくまっているようでした。クマだったら最悪だと思って、よく見ようとしたら、その黒い塊の前に、スリムでスラッとしており、長い2本の脚がある人っぽい後ろ姿のシルエットが出現したんです。全身が黒ずくめの感じでした。そいつが振り向いたら、ソフトボールほどの大きさの2つの目がキラッと光り、その目の位置は高さがゆうに2メートル以上ありました」とAさんは語る。

 目の位置で2メートル以上ということは、この人型モンスターの頭頂部までは2メートル数十センチはあるだろう。

「僕も友人もあぜんとして、何秒か立ちすくみました。クマやカモシカなんかとは全然違う恐怖を本能的に感じて、友人と同時にダッシュで逃げました。車に乗り込もうとしたところ、ゆっくりこっちに向かってくるように見えたので、急いで車を発進して逃げました」

 Aさんは後日、昼の時間帯に同じ場所に行き、立ち木や岩などとの比較から、黒い塊の獣と人型モンスターの大きさなどを推測し直し、目撃体験に間違いがないことを再確認したという。

 この目撃談について山口敏太郎氏はこう話す。

「3メートル近い長身、黒い体の色、そして人間離れした巨大な目から判断すると、1952年にアメリカ・ウエストバージニア州に現れた『フラットウッズ・モンスター』、日本名『3メートルの宇宙人』に似ているような気がします。もしこの『3メートルの宇宙人』が日本に現れたとするならば、大変興味深い事件です。幸いにも目撃者は30メートル近く離れており、逃げることに成功しましたが、至近距離だった場合、噴霧する毒ガスでダメージを受ける可能性がありました」

 さらに気になる点があるという。

「うずくまった大型バイクと同じくらいの獣と、この3メートル近い巨人が一緒にいたのが気になります。アメリカでは犬を連れたビッグフットが目撃されています。ほかにもモスマンやチュパカブラなどの未確認生物、宇宙人が獣と連れ立って徘徊している話は多い。一説にはビッグフットもモスマンもチュパカブラもすべて宇宙人が遺伝子操作で作ったエイリアン・アニマルであるという話もあり、宇宙人が何らかのエイリアン・アニマルと一緒にいた可能性すらあり得ます。すぐ逃げた行為は賢明でしたね」と山口氏は指摘している。

 フラットウッズ・モンスターだったとすれば、なぜ山形の地に降り立ったのか。他のエリアに出没する可能性もあるだけに万が一、遭遇した時にはくれぐれも注意が必要だ。

最終更新:10/21(日) 11:10
東スポWeb

あなたにおすすめの記事