ここから本文です

汚れた姿で下水道にいた2匹のワンちゃん、お風呂に入れられてフッサフサに!

10/21(日) 20:15配信

ねとらぼ

 米カリフォルニア州ロサンゼルスで活動する動物保護団体「Hope For Paws」が、下水道にいたワンちゃん2匹を救出する様子をYouTubeで公開しています。

【画像:お風呂に入ったワンコ】

 「2匹の野良犬が下水道にいるので救助してほしい」という電話を受けて「Hope For Paws」の職員は下水道へと車を走らせています。到着すると救助を依頼してきた子どもたち2人は職員がつくまで待っていて、案内をしてくれました。下水道の中を見ると、女の子の近くに毛が伸び汚れたワンちゃんが2匹、確かにいました。

 職員が近づくと少し神経をとがらせた2匹ですが、自分たちには助けが必要なこと、そしてこの人が助けてくれる人だということを理解したのか、差し出したエサを素直に口に運び始めました。食事をさせて落ち着かせた後、彼らをこの窮地から救う「幸運のリード」を2匹にかけて保護は完了! 最後まで手伝ってくれていた子どもたちに礼を述べ、ケアが必要なワンちゃんを施設へと連れて帰ります。

 すると2匹は車に行くまでに尻尾を振り始めました。これからの出来事に期待を寄せているのでしょうか。そしてワンちゃんたちの体をスキャンしてみましたが、所有者情報が登録されたICチップは残念ながら埋め込まれていませんでした。

 施設についてヘルスチェックを受けると、目が感染症におかされていること、体中にノミがついていることがわかり、スペシャルなバスタイムが必要となりました。さらに下水道の臭いが体中に染みついており、これを消すのはかなり困難……それでも職員たちはやってみることに。

 流し台に入れられシャワーを浴びた後はもっこもこの泡だらけでゴシゴシ洗われます。しかし気持ちよいのか素直に受け入れているワンちゃん。泡を流して毛もカットされ、タオルで体を拭くとなんだかサッパリした感じに。もう1匹のワンちゃんも同様にサッパリした体になって、2匹でキャンキャンと楽しそうにはしゃいでいます!

 下水道での姿がウソのようにピカピカつるつるになった2匹は同じロサンゼルスで活動している別の動物保護団体「Wags and Walks」に預けられ、そこで過ごしながら里親が見つかるのを待つことになりました。「Wags and Walks」のステキなおうちに大興奮の2匹。職員さんたちにじゃれて甘えては遊んでもらってご満悦。元気に遊ぶ姿に心からほっとします。

 暖かい家の中、暖かい人たちに囲まれて、寂しい下水道での日々も忘れることができるでしょうか。どうか早く新しい永遠の家族が見つかりますように……。

ねとらぼ

最終更新:10/21(日) 20:15
ねとらぼ

あなたにおすすめの記事