ここから本文です

“THE 賃貸なトイレ”が100均アイテムだけでオシャレな“タンクレス風”に お手軽DIYが驚きのクオリティー

10/21(日) 19:01配信

ねとらぼ

 “THE 賃貸”という感じのトイレが、100円均一のアイテムを組み合わせるだけでオシャレな“タンクレス風トイレ”になってしまうというツイートが、驚きのアイデアとクオリティーで反響を呼んでいます。すぐ100均へ行きたくなる……!

【画像で見る:驚きの変化を遂げたトイレ】

 Twitterユーザーの月子(@tsukiko0105)さんが投稿したのは、自宅のトイレの画像。タンクが一体型になっている、よく賃貸物件で見かけるタイプのものです。

 これがオシャレなタンクレス風トイレになるなんて本当? と思いつつ、用意する材料は、ダイソーで販売されているすのこ、写真立て、プラダン(プラスチック素材の段ボール風シート)、配線カバー(1m)、好みの布もしくはリメークシート、セリアで販売されているタイルシール、必要に応じて木材、木板です。すのこは30×31cm、25×40cm、20×45cmとさまざまな大きさが販売されているので適宜トイレのサイズに合わせて使いましょう。

 まずはトイレの脇の幅に合わせてすのこを適当に組みます。このとき、すのこを切ったかけらは取っておき、すのことすのこを接着する際、継ぎ目に重なるようにかけらを添えてくっつけると、補強になるそうです。

 次にプラダンをトイレタンクのサイズに合わせて切り出します。プラダンとプラダンをくっつける必要があるときには、養生テープなどでつなげましょう。そしてそのプラダンの手前にあたる部分に配線カバーを垂直に当て、養生テープなどでL字になるように固定し、全面にセリアのタイルシールを敷き詰めて貼ります。

 このときお好みで木目のリメークシートなどを使用しても構いませんが、タイル模様を選ぶと、でこぼこ具合をうまくカムフラージュできるそうです。

 そして、トイレ正面に貼り付けるプラダンを切り出し、その上から布などを貼って飾り付け、最後にトイレを流すレバーのところと、その下の部分にダイソーの写真フレームを取り付ければ完成です。レバーのところは手を入れられるようにフレームだけ付けておき、その下の部分に付けた写真フレームにはイラストや写真を入れておけばオシャレな仕上がりになるようです。

 「扉部分の制作は月子さんのお姉さんも協力してくれた」という、このナイスアイデアなDIYには「えっ!これ100均アイテムで!?めちゃめちゃ凄いです」「な、なんということでしょう…。afterめちゃめちゃかわいいですね!!」といったコメントの他、実際に作ってみた人やトイレのDIY経験者からのコメントも寄せられており、念のため洗面周りを「防水コーキング」処理したほうが長く愛用できるといったアドバイスも見られました。

 ちょっぴり手間はかかりますが、お家のトイレが見違えるようにオシャレになるのはうれしいもの。材料費も安く済むので試してみたい人が多いようです。

画像提供:月子(@tsukiko0105)さん

ねとらぼ

最終更新:10/21(日) 19:02
ねとらぼ

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ