ここから本文です

今夜、オリオン座流星群の活動がピークに 全国的に晴れて観測チャンス

10/21(日) 12:02配信

ウェザーニュース

 今夜、オリオン座流星群の活動がピークを迎えます。

 日本列島は高気圧に覆われて広い範囲で晴れるため、ほとんどのエリアで流星観測ができそうです。

 放射冷却が効いて気温がグッと下がるため、観測の際は防寒対策をしっかりと行うようにして下さい。

期待できる流れ星の数は?

★出現期間 10月2日~11月7日
★ピーク  10月22日2時
★母天体  ハレー彗星(1P/Halley)

 オリオン座流星群は毎年10月21日(日)頃に活動のピークを迎える流星群で、例年ピーク時には、観測条件のいい場所で1時間に15個程度、市街地近郊など空の明るい所でも1時間に5個程度の流星数が期待できます。

 ただ、今年はピークの夜に満月前の明るい月が輝いているので、月が沈む22日未明頃までは空の条件のいい所でも期待できる流星数は1時間に5個程度となりそうです。

 少しでも多くの流れ星がみたい方は、月明かりの影響がなくなる22日未明頃からの観測がオススメです。

長い流れ星を見るには?

 流星群に属する流れ星は、「放射点」と呼ばれる天球上の一点から四方八方に流れますが、放射点の近くほど流れ星が多いということはありません。

 添付の図の位置に流星群の放射点がある場合、①~③のエリアに流れ星が流れる確率は同じです。ただ、放射点から離れるほど長い流れ星が観測できるので、長い流れ星を見たい方は放射点からより遠いエリア(図の③)を見るのがオススメです。

 また、今夜は満月前の明るい月が22日の未明頃まで輝いているため、放射点の位置は気にせずに、月を視界に入れないようにしながら、広い範囲をぼんやりと見るようにして下さい。

 また、オリオン座流星群の放射点の周りには、冬に見頃を迎える星座の一等星がぐるっと取り囲む様に輝いています。

 これらの星は月明かりがあってもしっかりと見ることができるので、流れ星を待つ合間に賑やかに輝く冬の星々を楽しむのも良さそうです。

オリオン座流星群の特徴は?

(1)スピードが速い
 オリオン座流星群の流星はスピードが速いのが特徴で、火球と呼ばれる明るい流星や流星痕と呼ばれる痕を残す流星が出現することがあります。

(2)活動のピークがなだらか
 2018年のオリオン座流星群の活動のピークは10月22日(月)の午前2時頃と予想されていますが、オリオン座流星群は極大日の前後数日は出現する流星数があまり変化しないので、活動のピークがなだらかな流星群といえます。

今夜の観測が難しい方は、明日の夜もチャンスはあるので、ぜひ空を見上げて下さい。

ウェザーニュース

最終更新:10/21(日) 14:33
ウェザーニュース

あなたにおすすめの記事