ここから本文です

プリンセス駅伝の飯田怜選手、膝を血だらけにして這ってタスキをつなぐ

10/21(日) 13:47配信

ハフポスト日本版

女子駅伝の選手がゴール直前で走れなくなり、膝を血だらけにしながら這って進み、次の選手にタスキを渡すハプニングがあった。

10月21日に福岡県で開かれた第38回全日本実業団対抗女子駅伝の第4回予選会「プリンセス駅伝 in 宗像・福津」の一幕だ。走れなくなったのは、初出場となった岩谷産業の飯田怜選手。

第2中継所の「勝浦浜」の200メートル以上の手前から走れなくなり、四つばいになって進んだ。

飯田選手の両膝は、すりむいて血で真っ赤に。その必死な姿に「がんばれ、飯田!」とTV中継のアナウンサーも声援を送った。岩谷産業の3区ランナー、今田麻里絵選手は涙をぬぐいながら到着を待ち、最後尾の27番手ながら、タスキを受け取った。


飯田選手が走れなくなった理由や、運営側が飯田選手を制止しなかった理由は、現時点では不明だ。

Twitter上では、飯田選手の懸命な姿に対して、「凄まじい根性と精神力」「すごい執念を見た」「涙が止まらない」とエールを送る声が続出している。

安藤健二

最終更新:10/21(日) 22:22
ハフポスト日本版

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ