ここから本文です

鮮度が2~5倍伸びる! 置くだけでコンテナが真空状態になるマシン「Silo」

10/21(日) 12:01配信

bouncy

アメリカのスタートアップが開発した真空コンテナマシン「Silo」は、専用のコンテナを本体の上に置くだけで、酸素を吸引してコンテナの中を真空状態にできる。従来のプラスチックパックに入れて冷蔵するよりも、2~5倍の期間、鮮度を保つことができようだ。

現在、Kickstarterでクラウドファンディング中。執筆現在で、520人から約1500万円の支援が集まっている。一台165ドル(約1,8000円)+送料で入手可能。発送予定日は2018年11月予定。

AIアシスタントが鮮度の管理もしてくれる

「Silo」には、AmazonのAIアシスタント「Alexa」が内蔵されており、コンテナ内の食品の鮮度を教えてくれるだけでなく、ニュースを読んだり、レシピを指示したり、音楽の再生もしてくれる。

専用アプリでも食材は管理できる

専用アプリで、食品の在庫と消費のトラッキングや鮮度の確認などが行える。スーパーマーケットにいるときに、冷蔵庫になにがあるか把握できるので、無駄に買ったり足りないという状況を未然に防ぐことができる。
・ ・ ・

従来の真空パック器のようにワンパックごとに使い切りだったり、ポンプで空気を抜く必要がない「Silo」。しかも、Alexa対応で鮮度の管理もバッチリ。うっかり消費を忘れて廃棄される食材が減っていきそうだ。

Silo

Viibar.Inc

最終更新:10/21(日) 12:01
bouncy

あなたにおすすめの記事