ここから本文です

AIに画像を学習させてみよう!人工知能の性能は育て方で決まる

10/21(日) 10:01配信

FNN PRIME

エンちゃん:
こんにちは。世界一プログラミングに詳しいゆるキャラ、エンちゃんでーす。

小池美由がプログラミングを学ぶ!【動画・写真】はこちらから!

小池美由:
プログラミングアイドルを目指す、現状はただのアイドル、小池美由です。

エンちゃん:
小池さん、前回だいぶ打ちのめされてましたね。

小池:
なんでそんなに嬉しそうなの~!

エンちゃん:
そんなことないです。

小池:
あるっ!

画像を識別する

エンちゃん:
さぁ今日から「Artificial Intelligence(アーティフィシャルインテリジェンス)」略して、“AI”、「人工知能」がテーマです。

小池:
よく聞くやつ!

エンちゃん:
今はそれぐらいの認識でいいです。
今回のテーマは「Image Classification(イメージクラシフィケーション)」です。

小池:
何かの呪文ですか…

エンちゃん:
違います。日本語で言うと、画像識別技術。
このCaltech101というデータセットをコンピュータに学習させると、どんな画像なのか分かってくれるようになります。
例えば、写真をコンピュータに見せると、これは飛行機、これはサッカーボール、と認識するようになります。

小池:
じゃあ、私の顔を見せたら、小池美由だってわかってくれるの?

エンちゃん:
いいえ、その場合「顔」と識別します。

小池:
えぇ~~。

エンちゃん:
じゃあさっそく。このCaltech101をダウンロードして開いてみます。
このデータをDeepAnalyzerというソフトに入れるとコンピュータが学習して、ものを識別するようになります。

エンちゃん:
とりあえずやってみましょう。DeepAnalyzerを開いて。
New data setsをクリック。カルテック101のファイルを圧縮したZIPファイルをドラッグアンドドロップしてアップロードします。
このデータを人工知能に学習させてみましょう。

小池:
はぁい。

エンちゃん:
やる気だしてください。

1/2ページ

最終更新:10/21(日) 10:01
FNN PRIME

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ