ここから本文です

CS敗退の王者・西武に続々と動き…各球団発表、10月21日の人事は?

10/21(日) 23:03配信

Full-Count

辻監督は来季続投が決定、菊池のポスティング利用は容認へ

 西武は21日、辻発彦監督に来季の続投を要請し、承諾を得たと発表した。西武はこの日、クライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ第5戦でソフトバンクに敗れ、2勝4敗で敗退していた。契約年数は2年となる。

【一覧】各球団発表、2018-2019年の引退、戦力外、補強、自由契約、スタッフ人事一覧

 西武はさらに、橋上秀樹作戦コーチと今季限りで契約を終了する旨を通告したことも発表。2019年1月1日に元監督の渡辺久信氏が球団本部シニアディレクター(SD)兼編成部長から球団本部ゼネラルマネジャー(GM)、飯田光男氏が常務取締役から常務取締役球団本部長に異動となり、球団本部長の鈴木葉留彦氏が今年12月31日をもって任期満了のため退職することも発表された。

 また、居郷肇球団社長はこの日、メジャーリーグ挑戦の意向を持っている菊池雄星投手から今オフにポスティングシステムを利用したいとの申し入れがあれば容認すると発表した。

■パ・リーグ

【西武】
辻発彦監督 来季続投要請を受諾
橋上秀樹作戦コーチ 今季限りで契約終了
渡辺久信球団本部SD兼編成部長 球団本部GM就任
飯田光男常務取締役 常務取締役球団本部長就任
鈴木葉留彦球団本部長 退職

Full-Count編集部

最終更新:10/21(日) 23:08
Full-Count

あなたにおすすめの記事