ここから本文です

元日本代表MF中田氏の日本酒イベントが世界で最優秀賞

10/22(月) 12:42配信

スポーツ報知

 元日本代表MF中田英寿氏(41)がプロデュースの日本酒PRイベント「CRAFT SAKE WEEK」が、スペイン・バルセロナで開催された国際PRアワードの最高峰「ゴールデン・ワールド・アワード(GWA)」の授賞式において、最優秀賞を受賞した。

【写真】C大阪・森島寛晃とボールを競り合う平塚時代の中田英寿

 「CRAFT SAKE WEEK」は、日本全国300蔵以上の酒蔵に足を運んだ中田氏がプロデュースする日本酒の魅力を味わい尽くせるイベント。2016年の東京・六本木を手始めに、福岡、仙台でも開催され、来場者数は外国人も含めて約40万人にものぼる。今回、「アート&エンターテインメント」部門において、幅広い世代に対して日本酒文化に触れる場を創出し、世界へ日本酒をアピールした点が評価され、最優秀賞を受賞した。

 受賞式では中田氏をマネジメントしているサニーサイドアップ社の次原悦子社長が登壇し「現役引退後、世界を旅した中田が辿り着いたのが日本酒。“SAKE”を世界に広めようとする姿を近くで見てきた者としては、今回の受賞を非常に嬉しく思います。ここ食の都バルセロナでも日本食は大ブーム。空前の日本酒ブームでもあります。引退から10年が経っても未だにスペインでの彼の知名度は健在ですが、サッカーとは異なる道を選んだ彼のプロジェクトが、こうして世界から高く評価された事を心から嬉しく、誇りに思います」と笑顔でコメントした。

最終更新:10/22(月) 12:55
スポーツ報知

あなたにおすすめの記事