ここから本文です

スタッドレスとオールシーズン、冬に履くべきタイヤはどっち?

10/22(月) 6:01配信

くるまのニュース

冬に履くタイヤはスタッドレスだけじゃない、増えてきたオールシーズンの存在

 毎年、10月、11月になると、冬に向けてタイヤの交換の時期がやってきます。冬用のタイヤと言えばやはりスタッドレスタイヤが主流ですが、そもそもスタッドレスタイヤを履く必要があるのでしょうか。

全季節対応タイヤとスタッドレス等画像で比較

 スタッドレスタイヤはスノータイヤの一種で、前身はスパイクタイヤと呼ばれるものでした。そのスパイクタイヤに打ち込まれている金属の鋲(スタッド)を取り除いたタイヤが、すなわち「スタッドレスタイヤ」です。このタイヤは主に、凍結した路面や、雪道での走行を想定しているため、降雪の多い地域では冬のマストアイテムとなっています。

 降雪の少ない地域でも冬になると年に数回は雪が降ることがありますが、首都圏などのニュースで高速道路に雪が積もり「冬用タイヤ規制」が行われ、多くの車が通行を禁止されてしまっている光景を見る機会があります。

 この場合、夏用タイヤであればチェーンを装着する必要がありますが、スタッドレスタイヤなどの許可されたタイヤであれば通行することが可能です。

 また、一般道でも、積雪や道路の凍結がありそうな場合、夏用タイヤでの走行は事故の原因になるため、車での外出を諦めてしまうドライバーも多いのではないでしょうか。

 しかし、こうした場合を除けば、積雪に見舞われるのは年に数回、そのためだけにスタッドレスタイヤに履き替えるのは時間も手間も掛かります。特にマンションなどに住んでいる方であればタイヤの保管場所にも困りますし、そもそも、夏用タイヤと冬用タイヤを別々に用意するのは難しいです。

 最近、「オールシーズンタイヤ」という言葉を目にする機会が増えてきました。別名は「4シーズンタイヤ」で、その名の通り「春夏秋冬」1年を通し、どのシーズンにおいても走行できるタイヤです。

 最近では、オールシーズンタイヤを扱っているブランドも増えています。ミシュラン、コンチネンタル、グッドイヤー、ピレリ、ファルケンといったブランドや、近年流行のアジアンタイヤも含めてラインナップは豊富で、選択肢の幅が広がってきています。

1/2ページ

最終更新:10/22(月) 17:19
くるまのニュース

あなたにおすすめの記事

あわせて読みたい