ここから本文です

手錠で繋がって…アパート火災で死傷の男女 東京・調布市

10/22(月) 0:43配信

TOKYO MX

TOKYO MX

 東京・調布市で起きたアパートの部屋が燃えた火事で、死亡した男性とけがを負った女性の手が、手錠で繋がれていたことが分かりました。警視庁は無理心中や事件の可能性があるとみて調べています。

 調布市国領町のアパートの一室で10月19日午後6時半ごろに起きた火災では、およそ30平方メートルが焼けました。室内にいた30代の男性と20代の女性が自力で逃げ出しましたが、男性は病院で死亡し、女性は右腕や足にやけどを負いました。警視庁によりますと、この2人は男性の左手首と女性の右手首が手錠で繋がれていたということです。

 警視庁はどちらかが無理やり相手を手錠で繋ぎ無理心中を図った疑いや事件の可能性もあるとみて捜査しています。

最終更新:10/22(月) 0:43
TOKYO MX

あなたにおすすめの記事