ここから本文です

中国車ブランド「Lynk & Co」実際に乗ってみた! 新型「03」のパフォーマンスはいかに?

10/22(月) 17:00配信

くるまのニュース

前代未聞の規模でグローバルローンチを開催

くるまのニュース

 2018年10月19日、静岡県の富士スピードウェイにて、中国の自動車メーカー「ジーリー」とスウェーデンの自動車メーカー「ボルボ」の合弁会社「Lynk & Co(リンク・アンド・コー)」の新型モデル発表会が開催されました。 
 
 今回は、新型セダンモデルの「03」を世界発表ということで、中国や諸外国など多くのメディアが招待され、富士スピードウェイでは過去に例を見ないほどの大規模な発表会となりました。

Lynk & Coの新型車「03」を画像で見る(13枚)

 発表会自体は、ナイトショーとして夜に行われ、昼間は新型車「03」をサーキットのレーシングコースを使った試乗会を実施。日本メディアは、ここで先導車付きの試乗を行ない中国ブランド「Lynk & Co」の実力を体感します。

 Lynk & Coの新型車「03」とは、高級車のスポーツ性能とスポーツカー市場のトレンドを先取る存在として登場。また、「03」の商品ポジションは、高性能セダン、ファミリーを目指し、ほかの競合ブランドの「Aセグメント」市場をターゲットにしているといいます。

 新型車「03」は、ボルボ コンパクトSUV「XC40」のシャシ、主要構成部品、パワートレインなどをベースに開発。エクステリアやインテリアは、スウェーデンに拠点を構えるLynk & Coのデザイナーなどが開発をおこなっています。

 パワートレインは、ボルボ製の1.5リッターガソリンターボエンジン(最高出力:180PS、最大トルク265N・M)、7速デュアルクラッチを搭載しています。

 実際の試乗は、富士スピードウェイの本コースを先導車付きで1周という短い時間でしたが、「03」の持つパフォーマンスを体感することができました。

 まず、運転席に座ると、セダンタイプの割にはSUVのような背の高い視認性を感じます。その後、走り出しでは、SUV特有の重い感じはなく、セダンやスポーツカーのような加速感を味わえます。

 新型車「03」は、3段階の走行モードを備え「ノーマル」「エコ」「スポーツ」と運転シーンに合わせて変えることができます。走行モードを「スポーツ」に変更した場合、「ノーマル」に比べ加速度合いは俊敏になり、よりスポーティな走りを体感できます。

 試乗前に、「0-100km/hを7.9秒で加速し、100km/hからのフルブレーキングで35.5mという制動距離を誇ります」と説明を受けていたこともあり、その2点を確かめてみました。アクセルを奥まで踏み込むと確かに鋭いレスポンスの加速となりますが、ライバル車(Aクラスや1シリーズなど)ほど、身体がシートに抑えられるような感覚はありませんでした。

 また、ブレーキ性能に関してもコーナリング手前でフルブレーキングを行ないましたが、想像よりも奥目で止まる印象です。富士スピードウェイのような世界的なレーシングコースでは、少々物足りない感じでしたが、街乗りや高速道路などでは良い走りを体感できるのだと予想できました。

1/2ページ

最終更新:10/22(月) 21:58
くるまのニュース

あなたにおすすめの記事