ここから本文です

巨人・原監督“若大将節”全開「個人軍ではなく、巨人軍で」団結呼びかける

10/23(火) 19:44配信

デイリースポーツ

 巨人は23日、都内で原辰徳新監督の就任会見を開いた。随所に“若大将節”を全開。チーム再建へ、「巨人軍でなければいけない。個人軍ではいけない」と、一致団結を呼びかけた。

【写真】高橋前監督 妻の16歳下の妹も超のつく美人だった

 会見の前半は高橋前監督が同席。神妙な面持ちで、原監督は「若きリーダー高橋由伸より、しっかり引き継ぎ、そして彼が3年、しっかり新しいものを築き上げてくれたものを継承して目標をもって巨人軍監督としてやっていきたい」と抱負を述べた。

 契約は3年。会見後半は口調に熱が帯び、再々登板にかける思いを問われると「戦いに臨むエネルギーがヒシヒシと沸いてきている。心地よい緊張感のなか、初心に戻った形でまたユニホームを着られる」と、力を込めた。

 第1次政権、第2次政権と同じく「実力至上主義」を貫くことを強調。「そこは譲れない。実力至上主義である。その信念は変わらない。メンタル、体の強さ、すべての面で見ていきたい。チームが勝つんだと、強く思っている人間と戦いたい」と、うなずいた。一方で「かたっくるしく伝わっているかもしれないが、勝って喜び、『のびのび野球』で戦うという原点に戻りたい」とも付け加え、現場にはびこる緊張感を解きほぐした。

 冒頭、山口オーナーは高橋前監督について「再びユニホームを着て戻ってきてほしいというのが私の願い」と、監督として再登板を期待した。由伸前監督は「私の力不足。申し訳ない」とファンに謝罪。今後については「今年で辞めるので…。次の話は自分自身、何も考えてない。力のなさを振り返らなくてはいけない。何をしたいのか、もう少ししっかり考えたい」と語るにとどめた。

最終更新:10/24(水) 14:29
デイリースポーツ

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ