ここから本文です

「ピンクリボン運動ってどういうものか知っていますか?」青木瀬令奈が宮里美香にインタビュー

10/23(火) 14:48配信

ゴルフネットワーク

 乳がんの早期発見・早期診断・早期治療を啓蒙するピンクリボン運動。2018年のゴルフネットワークピンクリボンチャリティアンバサダーを務める青木瀬令奈プロが、宮里美香プロにピンクリボン運動について聞きました。

青木:まず、「ピンクリボン運動」って、どういうものか知っていますか?

宮里:いや、全然分からないです。

青木:そうなんですね。ピンクリボン運動は、乳がんの早期発見であったりとか、知識を広げていくという運動なんですけど、例えば乳がんってどういうイメージですか?

宮里:イメージ。どんなイメージか・・・自分の中に身近にないから、正直、ちょっとイメージがつかないかな・・・。

青木:亡くなっている方もいるので、死んでしまう可能性のある病気なんだというのはわかりますが、日頃どういう風に気をつけたらいいかは分からないですよね。

宮里:うんうん。

青木:私は、去年ピンクリボン運動のイベントに出させて頂いた時にセルフチェックについて知って、自分で気をつけられるんだと知ってやっているんですが、美香さんはやったことありますか?自分で触ってしこりがあるかどうかとか。

宮里:セルフチェック?全くやってないです。

青木:違和感を感じたこともないですか?

宮里:ないですね。ただ、モーガン・プレッセル(米)のお母さんが乳がんで亡くなって、彼女が乳がんの活動しているイメージはあるかな。アメリカはそういったチャリティのイベントが進んでいるので、日本もやった方がいいんじゃないかなと思います。ただ、自分が乳がんに対してのイメージがあまり強くないので・・・病院に行けばいいのかな?

青木:セルフチェックでも、6割の人が見つけられるというのは聞きました。それでも分からない人もいるみたいですが、年1回とか検診を受けていれば早期発見できるそうです。自分で意識していないといけないということですね。

宮里:うん、乳がんになった時では遅いので、早めに行くのが大事ですね。

青木:みんなでやろうというか、みんな一緒に検診に行ければいいですね。

宮里:友人とかみんな誘ってね。

(※10/23 19:44 記事の一部を訂正いたしました)

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ