ここから本文です

錦織 2時間の熱戦制し初戦突破、世界45位の若手を撃破<男子テニス>

10/23(火) 22:19配信

tennis365.net

エルステ・バンク・オープン

男子テニスのエルステ・バンク・オープン(オーストリア/ウィーン、ハード、ATP500)は23日、シングルス1回戦が行われ、第5シードの錦織圭が世界ランク45位のF・ティアフォー(アメリカ)を7-6 (7-3), 5-7, 6-2のフルセットで破り、初戦突破を果たした。

【錦織らウィーン対戦表】

エルステ・バンク・オープンに初出場の錦織は序盤から、今年2月のデルレイビーチ・オープン(アメリカ/デルレイビーチ、ハード、ATP250)でツアー初優勝を飾ったティアフォーの強打に苦戦。サービスキープが続く緊迫の中、ファーストサービスが入った時に84パーセントの高い確率でポイントを獲得すると、バックハンドのウィナーやネットプレーを決めるなどで第1セットを先取。

第2セットに入ると強烈なフォアハンドのストロークを放つ錦織が勢いに乗り、第1ゲームでブレークに成功。しかし、第10ゲームのサービング・フォー・ザ・マッチではティアフォーにブレークバックを許すと第11・第12ゲームも連取され、セットカウント1-1に追いつかれる。

ファイナルセットは再び息を吹き返した錦織が第3ゲームでブレークすると、その後はポイントを取った際に「カモン!」と叫び自身を鼓舞。リードを守り、2時間を超える熱戦を制した。

2回戦では、世界ランク19位のK・カチャノフ(ロシア)と同137位のD・ノヴァークの勝者と対戦する。

シード勢が勝ち進むと、準々決勝で第1シードのD・ティーム(オーストリア)、準決勝で第3シードのG・ディミトロフ(ブルガリア)か第7シードのF・フォニーニ(イタリア)と顔を合わせる組み合わせ。

最終更新:10/23(火) 22:19
tennis365.net

あなたにおすすめの記事