ここから本文です

妊娠中に乳がん再発。生まれた息子はダウン症。闘病生活を“前向きに”ブログで発信

10/23(火) 18:05配信

FNN PRIME

10月は乳がん月間

乳がんは、乳腺にできるガン。
今では、日本人女性の11人に1人が乳がんにかかると言われている。

【画像】ステージ4のがんと闘うPumiyさんと息子

2017年6月、小林麻央さん(34)が乳がんで亡くなった。
そして、今年の8月にも漫画家のさくらももこさんが53歳で死去するなど、乳がんになる人は30歳代から50歳代までの働き盛りの世代に多く、この年代の女性のがん死亡原因のトップとなっている。

そんな中、同じく乳がんを患い、果敢に病と闘う日々の様子をブログで力強く発信している女性がいる。

「書いて叶える!」

「思っていること、信じていることを書くと叶う気がするし、それを他人に言うと叶えなきゃいけないと思える。書くことで客観的に見られて、冷静になれる」

こう話すのは、品川区在住で幼い二人の子供を育てる会社員(42)のママ。ブログでは「pumiy」と名乗り、フォロワーは 14,800 人を超える。一日のPV(ページビュー)が120万件を超えたこともある「アメーバブログ」の人気ブロガーの一人だ。

麻央さんのブログに勇気づけられ、自らも闘病記をブログに綴るようになったという。

一回目の乳がん

Pumiyさんが最初に癌と診断されたのは、第一子を出産後の2015年。

「授乳中の10か月ごろ長女が母乳を飲まなくなって…搾乳をしているときに違和感もあり、レディースドックでマンモとエコーを受けた結果、左右ともにステージ0の『非浸潤性乳管癌』(リンパ節への転移は見られない乳腺内の癌)と診断されました」

幸いにもほかの臓器への転移が見られなかったため、両側を全摘し、同時に再建手術を受けた。
婦人科検診はは27歳のころから毎年受診していたという。祖母が乳がんを患っていたこともあり、遺伝的なものを疑ったが、検査の結果、遺伝性ではないことが分かった。

第一子を妊娠する直前の人間ドックで受けたマンモとエコーでは、どちらもA,A判定で問題なかった。
そんな中でのがん告知。

「娘がおっぱいを嫌がっていたのも、卒乳が10か月と早かったのも、何かを伝えてくれていたのかな…」

日々の育児で自分のことは後回しになってしまう母親に、長女は病院に行くようサインを送っていたのかもしれない。

1/3ページ

最終更新:10/23(火) 19:17
FNN PRIME

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ