ここから本文です

「だって誰にも負けないですもん、ワタシ」格闘技をナメきってるモデルファイター・Garu chan、余裕の勝利宣言

10/23(火) 12:06配信

AbemaTIMES

20日『格闘代理戦争3rdシーズン』が放送された。

格闘界のレジェンドたちが次世代を担う選手を発掘する「格闘リアリティ番組」。第3弾では「総合格闘技/女子」を舞台にファイターたちがトーナメントの頂点を目指し、優勝者には賞金300万円と「ONE Championship」とのプロ契約の権利が与えられる。

“角界の若王子”石浦将勝は、宇野薫とともに「石浦トライアウト」を開催。気持ちの強さとポテンシャルの高さを見込み、モデルのGaru chanを推薦選手に決定した。

格闘技の基礎から叩き込むべく、Garu chanは宇野のマンツーマン指導で格闘技のいろはを学ぶことに。宇野は「いいところを1つでも2つでも伸ばす」と、育成計画を説明する。
さまざまな基礎トレーニングをする中、ケージを使った攻防で、「(総合格闘技)本当に初めて?」と驚く宇野。Garu chanも「壁が使えると楽しいですね」と、宇野の“褒めて伸ばす”指導に乗せられケージの練習に熱中していく。

さらに打撃では、後日行われたミット打ちで「すごい」と長身を生かした足技の威力に驚く宇野。長いリーチから繰り出されるパウンドの強さもお墨付きで、宇野の指導も熱を帯び始めたが、グローブをはずし何かを伝授しようとしたところで「あんま映さないでください」と、突然の撮影NG。どうやら“秘策”の準備があるようだ。

「好きじゃない技を覚えても使いたくないし、練習に力が入らない」と語るGaru chanは「使いたい技を極めて、それで勝ちたい」とシンプルな戦略を明かす。スタッフが「勝つ自信はありまくりな感じ?」と聞くと「だって誰にも負けないですもん、私は」と、さも当然のように答えていた。

番組ではトーナメントの全ての組み合わせについても発表。試合は27日放送の『格闘代理戦争』で生中継される。

最終更新:10/23(火) 12:06
AbemaTIMES

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ