ここから本文です

元磐田のギレルメがまた…ブラジル2部で敗戦後に相手を殴打、退場に

10/23(火) 13:00配信

SOCCER KING

 今年5月までジュビロ磐田に所属し、現在はパイサンドゥ(ブラジル2部)でプレーするブラジル人DFギレルメが、試合終了後に相手選手を殴り退場処分を受けた。ブラジルメディア『Portal O Dia』が報じている。

 同メディアによると、0-1で敗れたフォルタレーザ戦後に、ギレルメはピッチ上で相手選手1人の顔面にパンチ。両軍入り乱れる騒動となった。これにより、ギレルメにはレッドカードが提示されている。

 ギレルメは、磐田所属時も同様の“事件”を起こしている。5月2日に行われた2018明治安田生命J1リーグ第12節の横浜F・マリノス戦で退場処分を受けた後、ピッチを去る際に横浜FMのMF喜田拓也にキックを見舞い、さらに横浜FMのスタッフを殴打。Jリーグから計7試合の出場停止処分を受け、最終的に5月15日に磐田との契約が解除されていた。同メディアは、この“前科”についても触れており、今回は12試合の出場停止処分が科されるとの見解を示している。

SOCCER KING

最終更新:10/23(火) 13:02
SOCCER KING

あなたにおすすめの記事