ここから本文です

(てんでんこ)商店街:13 イオン

10/24(水) 7:30配信 有料

朝日新聞デジタル

 ■市長は強く握ったイオンタウン社長の手を離そうとしなかった。
 東日本大震災の津波で被災した岩手県釜石市の市長、野田武則(のだたけのり)(65)は問い直した。
 「イオンじゃないといけないのか」
 視線の先の女子高校生が即答した。
 「そう、だめなんです」
 被災から半年過ぎた2011年9月、復興に向けて高校生の声も聞きたいと、市が県立釜石高校で意見交換会を開いた。再建する地元に欲しいものが話題になった。
 釜石は製鉄のまちだ。国内の近代製鉄の発祥の地で、高炉の跡は世界遺産。戦後復興や高度成長に伴う製鉄所の活況で、県内第2の都市に成長した。…… 本文:966文字 この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

朝日新聞社

あなたにおすすめの記事