ここから本文です

マッチョな人の必需品「プロテイン」市場規模が急拡大中

10/24(水) 10:50配信

MBSニュース

マッチョな人の必需品「プロテイン」。筋肉を大きくするために必要なたんぱく質を効率よく摂取できるため欠かせないのですが、いま健康志向の人の間でプロテインを飲む人が増えています。市場規模はここ10年で3倍に拡大、その裏側には味や飲みやすさを追求するメーカーの努力がありました。

国内プロテイン市場、年間300億円以上に

10月7日、大阪・淀川区にある「メルパルクホール」。場内は、むせかえるような熱気に包まれていました。板チョコのように割れた腹筋に…まるで羽が生えたかのように盛り上がった広背筋。行われていたのは肉体の芸術、ボディビルの全国大会。トップクラスのアスリートが鍛え上げた筋肉美を披露すると、客席からは悲鳴にも似た歓声が上がります。

「49番最高じゃ!お前しか見えんぞ!」
「36番、横川新時代!横川!」

女性選手は、しなやかで力強い肉体を余すところなくアピールします。

「山田、鋼鉄ボディ出せ!」

この筋肉を作り上げるのに欠かせないのが、筋肉の材料となるタンパク質を効果的に摂取できるサプリメント「プロテイン」です。会場でも…

「会場の外に出ますと、プロテイン販売のブースがずらりと並んでいまして、文字通り飛ぶように売れています」(辻憲太郎解説委員)

多くの商品が数千円するにもかかわらず、購入する人は後を絶ちません。購入者に話を聞きました。

Q.何がきっかけでプロテインを?
「女の子にフラれて、ちょっと鍛えようかなという下心で。筋肉をつけるにはたんぱく質がいっぱい必要なので、鶏むね肉とか卵からでもいいんですけど、こっち(プロテイン)はすぐに飲めたりして便利なので使ってます」(男性)

一気に3袋を買っていく女性も…

Q.9000円って安い出費じゃないじゃないですか、惜しくはないんですか?
「このために半年間節約をして。大会も見たいし、ブースでも何かあったら買いたいということで」(女子大学生)

ボディビルダーの必需品であるプロテイン。2006年には業界全体で100億円ほどの売り上げでしたが、去年1年間では300億円以上になるとみられ、プロテイン市場はこの10年で3倍に拡大しているのです。

1/3ページ

最終更新:10/24(水) 10:50
MBSニュース

あなたにおすすめの記事

あわせて読みたい