ここから本文です

クラブのために…モウリーニョ監督、ファンに紛れ徒歩でスタジアムへ

10/24(水) 8:17配信

SOCCER KING

 23日に行われたマンチェスター・Uとユヴェントスの一戦の前に“ある出来事”が起きていたようだ。イギリスメディア『スカイスポーツ』が伝えている。

 チャンピオンズリーグ(CL)・グループステージ第3節でマンチェスター・Uはホームでユヴェントスに0-1で敗れた。そして今回報じられているのは、同試合の直前の出来事。

 なんと、マンチェスター・Uのジョゼ・モウリーニョ監督は、試合開催場所でありホームグラウンドのオールド・トラッフォードまでバスを使わずファンに紛れ徒歩で向かったという。

 試合後、モウリーニョ監督はその理由について次のように話している。

「今回ホテルを変えたんだ。そのホテルはスタジアムのちょうどすぐ近くにある。しかし、バスはスタジアムに到着するまで45分かかった」

「だから私はフードを被り、ファンに紛れ歩いた。スタジアムまで2分かかったよ。選手は歩けないからバスで45分かけてスタジアムに向かったけどね」

「ユヴェントスも同じ問題を抱えていた。再び罰せられたくないから、私は早くスタジアムに向かい、UEFAの代表にその状況を知らせたんだ」

 実は先月、CL第2節でバレンシアをホームに迎えたマンチェスター・Uは、渋滞の影響でバスが時間通りにスタジアムに到着せず。試合開始時間を遅らせていた。その後、UEFAはマンチェスター・Uに試合遅延の罰則規定により、1万5000ポンド(約220万円)の罰金を科していた。

 そして今回その対策としてモウリーニョ監督はホテルを変更。よりスタジアム近くに選手を滞在させたが、再びバスは渋滞に遭ってしまったという。そして、モウリーニョ監督は2度目の罰金を避けたいクラブのために、自身が“徒歩”でスタジアムに向かい、なるべく早くUEFAへ状況を報告したようだ。

SOCCER KING

最終更新:10/24(水) 8:18
SOCCER KING

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ