ここから本文です

ドジャース柳賢振 韓国人投手初のWS先発も黒星

10/25(木) 14:44配信

聯合ニュース

【ソウル聯合ニュース】米大リーグ・ドジャースに所属する韓国人左腕の柳賢振(リュ・ヒョンジン)は25日、レッドソックスとのワールドシリーズ(WS=7回戦制)第2戦に先発した。韓国人投手がWSで先発登板するのは初めて。

 柳は四回まで1失点と好投したが、ドジャースが2―1でリードしていた五回に2死満塁のピンチを迎えたところで降板。後を受けた投手がレッドソックスの攻撃を防げず2―4と逆転され、そのまま敗れた。柳は4失点で負け投手に。ドジャースは2敗となった。

最終更新:10/25(木) 14:59
聯合ニュース

あなたにおすすめの記事

あわせて読みたい