ここから本文です

NHKだけで3本 ピンクの電話・竹内都子がドラマ席巻のワケ

10/26(金) 9:26配信

日刊ゲンダイDIGITAL

「私は武士の娘ですから」

「ハハァ~~~」

 松坂慶子(66)演じる今井鈴ご自慢の口癖を披露され、地べたにひれ伏すオバちゃん夫婦……。NHK朝ドラ「まんぷく」(24日放送)のひとコマである。オバちゃんを演じるのは「ピンクの電話」のミヤちゃんこと竹内都子(56)だ。

 初週から視聴率20%超を堅調にマークする「まんぷく」の第4週は舞台を大阪から兵庫の上郡へ移し、新キャラがお目見え。ミヤちゃん演じる萬平(長谷川博己)のはとこである八重は、疎開してきた福子(安藤サクラ)ご一行に自宅の離れを提供し温かく迎えたのだが、とにかく田舎のオバちゃんがよ~く似合うのだ。

 芸歴30年以上、もともと「劇団七曜日」出身の芝居畑である。コンビ結成後は相方の清水よし子(60)とともに茶の間や演芸場で笑いを提供してきたが、「コントで磨きをかけた確かな演技力は、抜群の安定感。それらは決して一日二日で習得できるものではなく、驕りもせず、地道に着々と積み重ねてきたたまものと言えるでしょう。しかも、土くさい役柄が似合う役者はそう多くはいない。作品の縁の下の力持ち的存在として欠かせない女優さんですね」(コラムニストの桧山珠美氏)

 90年代前半にはタモリ(73)との賭けに勝ち、痩せたご褒美としてシャネルのスーツを買ってもらった逸話を持つミヤちゃん。当時、半年で15キロ減のダイエットに成功したものの、今ではすっかりぽっちゃり体形だが、「うっかりリバウンドしてしまう緩さも魅力のひとつ。愛嬌のあるフォルムはお人よしキャラを演じるのにうってつけで、視聴者の多くが親しみを感じるのだと思います」(前出の桧山氏)。

 もっか、鈴木保奈美(52)主演の「主婦カツ!」(BSプレミアム)、11年度下半期の朝ドラ「カーネーション」(総合)の再放送含め、NHKだけでも3本の出演作が放送されている。

 夫の菅原大吉(58)も地に足の着いた俳優。今後も夫婦揃ってドラマをもり立て、地道に息長く生涯賃金も(!)“肥大”していきそうだ。

あなたにおすすめの記事