ここから本文です

高島彩アナ、インスタ閉鎖を報告「負の感情を生む場所になってしまっては悲しい」

10/26(金) 12:08配信

スポーツ報知

 元フジテレビで現在フリーの高島彩アナウンサー(39)が26日、自身のインスタグラムを更新し、この日の投稿をもってアカウントを閉鎖することを報告した。

【写真】妊娠8か月のおなかをインスタで披露の紅蘭に「スタイル良すぎ」

 高島アナは夫で「ゆず」の北川悠仁(41)との間にもうけた2人の娘とのハロウィーンコスプレの写真をアップ。「一足早くハッピーハロウィン 今年は長女の希望で3人揃ってウィッチです」とつづった。

 続けて「これまでみなさんと交流できる場所としてInstagramを楽しんできましたが、色々考えまして、閉じることに致しました」と報告。「なんてことない日常にお付き合いいただいて、あたたかい言葉をたくさんかけてくださったみなさまに心から感謝いたします」と記した。

 「みなさんの意見やアドバイスを直接聞くことができ、とても貴重な空間でした。それぞれ意見はありますし、それは大切なことだと思っています。言いたいこと伝えたいことがあるとき、それは伝えるべき感情なのか、どのように伝えたらよいのか、私もまた考えます」と高島アナ。「やめてしまうのは寂しく、また、せっかくコメントを寄せてくださっているみなさんのことを思うと申し訳ないのですが、周りの人まで心配させてしまい、悲しませていることもあり、この場所が負の感情を生む場所になってしまっては悲しいので、撤退することに致しました」と心境を明かした。

 「日々いろんな感情がありますが、清濁併せ呑む心をもっていたいものです。感謝ばかりです」とし、「1年と少し、ありがとうございました。感謝」と重ねてフォロワーに感謝の意を伝えた。

 高島アナは日常の出来事や仕事の報告などをアップしてきたが、「加工してるから鼻と目の辺りが変」などの批判コメントも複数書き込まれていた。突然の発表を受け、フォロワーからは「めちゃくちゃ寂しいです」「なぜ負が生まれるのか、気持ちよくできないのか…本当に無念です」「寂しいですけど…これからも頑張って下さい」と驚きと戸惑いの声が上がっている。

最終更新:10/26(金) 21:09
スポーツ報知

あなたにおすすめの記事