ここから本文です

上智大“初”箱根ランナーへ前進 外山正一郎「5年目に懸けた」

10/27(土) 12:05配信

スポーツ報知

 上智大初の箱根ランナーが生まれるかもしれない。13日に行われた予選会で個人136位に入った外山正一郎(4年)が関東学生連合チームに12番手で選出された。本来なら今春に卒業していたはずだったが、取得単位が足りずに突入した5年目でチャンスをつかんだ。常連校のようなスポーツ推薦がなく、トラックも持たない環境でどのように強くなったのか。箱根路に懸ける思いに迫った。(取材・構成 太田 涼)

【写真】関東学生連合チームのメンバーに選ばれた東大・近藤秀一

 激戦から1週間。上智大勢として初めて関東学生連合メンバー入りした外山の姿は東京・代々木公園の織田フィールドにあった。4度目の選出となった近藤秀一(東大4年)と2人で練習するためだ。

 「疲労もありますが、無理をしない程度に気持ちよく走れればと思います」

 距離が延長され、ハーフマラソンとなった予選会。自己記録を1分23秒も更新し、上智大新記録で走破した体には思った以上にダメージが残っていた。8000メートルペース走+400メートル×5本の予定が、ペース走は6000メートルで切り上げた。

 「今、無理をしても仕方がないので。まだスタートラインに立っただけですから」

 体からのサインに敏感に反応し、体調に応じてプランを変える。妥協と紙一重だが、ほぼ一人で練習してきたからこその職人技。その繊細な感覚でここからの勝負に挑む。千葉・旭町中2年時から本格的に陸上を始めるも、東葛飾高2年時に1500メートルで新人戦県大会出場がやっと。本来は国立大を希望していたという。

 「裕福な家庭ではなかったので、入学してラーメン店やTSUTAYAでアルバイト三昧。合宿費、陸上用品代に充てていました。多い時は月100時間以上」

 勉強、陸上、アルバイト。次第に勉強に割く時間が減り、2年の秋には“5年目”が確定していた。しかし予選会に出場できるのは、ルール上4回までだ。

 「3年生の時は左大腿(だいたい)付け根を痛めていて、エントリーしていなかったんです。無理をすれば走れたと思うし『走ってほしい』と言う先輩もいました。でも、いろんな方に相談して『5年目に懸けよう』と決めたんです」

 だからこそ、負けるわけにはいかなかった。昨年の予選会は16人が選出される学生連合チームの20番手で落選。快挙の背中が見えていただけに、人目もはばからずに号泣した。今年はアルバイトをやめ、陸上と研究に没頭。OB会の支援もあって東大の夏合宿(8月上旬、北海道)で武者修行した。

 「このままじゃダメかもと思って、たまに一緒に練習していた近藤に連絡したんです。そしたら、とんとん拍子に話が進んで。彼と一緒に2週間過ごして、生活や走りを間近で見られたことは刺激になりましたね」

 ただ、精神面での充実とは裏腹に調子は上がらなかった。合宿最終日の20キロ走では近藤以外の東大生にも敗北。予選会前最後の実戦となった日体大長距離競技会(9月22日)1万メートルは腹痛で人生初の途中棄権だった。

 「終わったなと思いましたね。でも、なぜか焦りはなかったんです。もう落ちるところまで落ちたので、ここからは上がるしかない、と根拠のない自信がありました」

 開き直ると不思議と力が戻った。10月に入り朝練習をメインに調整。運命のレースで会心の走りを見せた。

 「自分でもサプライズです。メンバー入りしたいとは思っていたけど、12番手は予想外。うれしい誤算というか、チャンスが広がりました」

 今後、1万メートル記録挑戦会(11月24日)などでの選考を経て、10区間のエントリーが決まる。10番手の石井闘志(流通経大1年)とのタイム差は16秒。歴史に名を刻むべく、万全の準備をする。

 「もう僕だけの陸上じゃない。大学初という自覚、非強化校の代表としての意地。そして、伸び悩んでいる選手に『ここまでやれるんだよ』というところを見せたい」

 本来なら届かなかった大舞台。誰よりも苦しみ、支えられてきた。最後の恩返しは新春までとっておく。

 ◆外山正一郎アラカルト ▽生まれ 1995年7月25日、千葉・松戸市▽理系男子 理工学部物質生命理工学科。工業物理化学を専門としており、燃焼科学研究室で「RCM(急速圧縮機)によるガソリンサロゲート着火遅れ」などを研究している▽スケジュール 平日10~18時は研究。火、木、土は陸上部でまとまって練習するが、進捗(しんちょく)次第で参加できないことも▽関東インカレ 男子2部ハーフマラソンで16年59位、18年42位▽来春から三菱電機に 研究職ではなく営業職で採用。市民ランナーとして競技を続ける。▽アイドル好き 癒やしは乃木坂46の握手会。推しメンは齋藤飛鳥▽家族構成 両親と3歳下の弟▽サイズ 163センチ、46キロ

 ◆合同練習の同い年、東大・近藤「これも運命」

 外山のメンバー入りを誰よりも喜んだのは近藤だ。「うまくやれば入ってくれると思っていました。ここぞで合わせてくる力は駅伝でも大事」と本戦へ向けても太鼓判を押す。

 1浪して入学した近藤と“5年生”の外山は同い年。「なんだかねじれてしまいましたが、これも運命。きっとチームを良い方向に持っていってくれる選手だと思います」。下級生のケアや雰囲気づくりに、外山の広い視野は欠かせない。

 4度目の挑戦へ、自身も着々と準備を進めている。インフルエンザで出場を逃した前回の反省を生かし、今年は予防接種を2回受ける予定。すでに1回目を終え「これでまたかかったら仕方がない」と苦笑い。文武両道ランナーにぬかりはない。

 ◆関東学生連合 2003~13年に編成された「関東学連選抜」を改め、15年から再結成された。予選会で敗退した大学から個人成績を参考に編成され、1校1人で外国人留学生を除く。過去の本戦出場が1回までの選手に限られる。チーム、個人とも順位がつかないオープン参加。07~13年は正式記録が認められ、最高成績は08年の4位。タスキの色は白。

 ◆箱根駅伝の登録と出場 連合チーム以外の22校の登録16人は12月10日。10区間と補欠6人の登録は全23チームが12月29日に行われる。往復路ともスタートの1時間10分前に当日変更が可能。ただし、変更は区間登録選手と補欠選手の入れ替えだけで区間変更はできない。交代は往復路合わせて4人まで。

 ◆上智大
 1913年設立。ローマ・カトリック教会に所属する男子修道会の一つ、イエズス会が設立母体となっている。英語ではソフィア・ユニバーシティ。ソフィア(SOPHIA)は「人を望ましい人間へと高める最上の叡智(えいち)」の意味。2018年5月時点の学生数は1万2568人(男子5036人、女子7532人)。

最終更新:10/27(土) 12:33
スポーツ報知

あなたにおすすめの記事