ここから本文です

大砂嵐、また無免許運転 RIZINが契約解除を発表

10/26(金) 20:50配信

スポーツ報知

  格闘技団体「RIZIN」は9月30日に総合格闘技デビューした元幕内力士の大砂嵐(26)=エジプト=との契約を解除した事、26日に発表した。

【写真】懲りずにまた…この謝罪は何だったのか

 4月に無免許運転を行った疑いが一部報道された事により、RIZINは「コンプラインアスに鑑み、同氏の代理人を通じて本人に聞き取りを行ったところ、事実関係を概ね認めたため、同日付で同氏との契約を解除致しました」と契約解除を発表した。

 大砂嵐は、9月30日にさいたまスーパーアリーナで行われた「RIZIN.13」で、ボブ・サップ(44)=米国=との野獣対決でプロ格闘家デビューも、スタミナ切れをおこし判定0―3で黒星に終わっている。

 ◆大砂嵐(おおすなあらし) 1992年2月10日。エジプト出身。26歳。アマチュア相撲で数多くの実績を残し、11年エジプト革命を機に来日。6部屋に入門を断られるが7部屋目の大嶽部屋に入門。12年春場所に初土俵。13年名古屋場所で十両昇進し、同年九州場所で初土俵から10場所という史上2番目の速さで新入幕を果たした。14年名古屋場所で自己最高位の西前頭筆頭に昇進。横綱・鶴竜と日馬富士を破り、史上初の2日連続金星の快挙を達成した。18年1月初旬、有効な免許証を所有せず乗用車を運転、同3日には追突事故を起こし、3月に引退勧告処分を受け角界から引退した。

最終更新:10/26(金) 21:22
スポーツ報知

あなたにおすすめの記事

あわせて読みたい