ここから本文です

「苦しかった時期? 特にないです」“再ブレイク”したDA PUMP・ISSAの不屈の精神

10/26(金) 9:59配信

新R25

DA PUMPのボーカルとしてグループを牽引するISSAさん。度重なるメンバーチェンジなどにより、しばらく活動ペースを落としていたDA PUMPは、今年6月にリリースした「U.S.A.」で再ブレイクを果たしました。

日の目を見ない時期をどのように過ごし、いまの成功にたどり着いたのか。デビューしてすぐ売れに売れたISSAさんにとって、近ごろの活動でプライドが許さないことはなかったのか。

不遇のときにも焦らず、くさらないための方法を聞きました。

〈聞き手:ライター・菅原さくら〉

「苦しかった時期」をどう乗り越えたんですか?

ライター・菅原さくら:
今日は、DA PUMPが再ブレイクに至るまで、苦しかった時期をどう乗り越えたかについて聞きに来たんですけど…

ISSAさん:
とくにないですね。

さくら:
えっ!?

ISSAさん:
再ブレイクって言われてるのはありがたいけど、苦しかった時期とかとくにないです。

さくら:
でも、初期メンバーが全員脱退したり、グループの体制がちょこちょこ変わったりして、苦労されたんじゃないですか?

ISSAさん:
自分はこの世界で生きていくって決めてたんで、グループの体制が変わろうと、やるしかない。

自分にはしょせんこれしかできないから、どんなときでも“いい方向に考える”しかないんです。

さくら:
“いい方向に考える”って?

ISSAさん:
どんなときでも、どんな場所でも、ポジティブに楽しみ方を考えるんです。

たとえば、練習だって「努力」とか思ってないんですよ。いいパフォーマンスがしたいっていう目的はあるけど、基本は好きなことをやってるだけだから、努力なんて思わない。
さくら:
歌唱力とか、キレのあるダンスとか、相当な努力でつくられてると思ってました…

ISSAさん:
練習はしてるけど、努力ではない。好きなことを楽しんでるだけです。

ダンスは足をケガしたりとかなんだかんだトラブルもあったけど…「病は気から」とはよく言ったものでね。やろうと思えば、空飛ぶ以外はできるんですよ。

ISSAさん:
よく取材で「あのときは大変でしたね」って言われるけど、べつにそんなことないと思ってて。

そもそも「大変」って、そんなにきついことじゃなくないですか?

さくら:
というと?

ISSAさん:
大変なことが起こったのは事実だとしても、気持ちを切り替えればいいだけだから。

楽しむ方向にさえ考えられれば、いくらでもあとから立て直せると思ってるんです。

1/4ページ

最終更新:10/26(金) 9:59
新R25

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ