ここから本文です

諏訪湖マラソン準備進む あす28日号砲

10/27(土) 6:03配信

長野日報

 第30回諏訪湖マラソン(県、諏訪地方6市町村、長野日報社で構成する諏訪圏健康推進協議会)は28日、諏訪市の諏訪湖ヨットハーバーを発着点とする日本陸上競技連盟公認のハーフマラソンコース(21・0975キロ)で開く。全国から出場予定の約8000人のランナーを迎える準備が進んでいる。

 平成元年(1989年)に諏訪湖1周16・7キロのコースで始まった同大会は湖と山並みの美しい景観、紅葉や沿道からの温かなの応援が人気を集め、毎年、多くのランナーを集める諏訪地方のビッグイベントの一つに成長した。30回の節目は平成最後の大会となる。

 ゲストランナーは2年連続出場で諏訪エリア観光特使を務めるお笑い芸人の藤森慎吾さん(35)=諏訪市出身=と、中野市出身の女優、滝沢沙織さん(37)の他、Jリーグ松本山雅FCの元選手、鐡戸裕史さん(36)、小澤修一さん(39)、片山真人さん(34)も出場し、参加者と一緒に湖畔を走ったり、沿道からエールを送ったりする。

 ランナーの前日受け付けは27日午後1時30分から諏訪市の諏訪湖イベントホール(旧東洋バルヴ諏訪工場跡地)で行う。当日は午前8時15分から主会場で開会式を行い、10時に一斉スタート。制限時間は3時間。

 レース中は選手が通過する時間帯を中心に交通規制が行われる。

最終更新:10/27(土) 6:03
長野日報

あなたにおすすめの記事