ここから本文です

錦織 世界7位ティームに圧勝で4強、今季5度目のTOP10撃破<エルステ・バンクOP>

10/27(土) 0:56配信

tennis365.net

エルステ・バンク・オープン

男子テニスのエルステ・バンク・オープン(オーストリア/ウィーン、ハード、ATP500)は26日、シングルス準々決勝が行われ、第5シードの錦織圭が第1シードのD・ティーム(オーストリア)を6-3, 6-1のストレートで破り、ベスト4進出を果たした。今シーズン、世界ランキング・トップ10から5度目の勝利をあげた。

【錦織らウィーン対戦表】

錦織は地元のティームを後押しするアウェーの中、ミスを誘い出して2度のブレークに成功し、ゲームカウント5-0とリードする。そこから世界ランク7位のティームに3ゲーム連取を許し、第9ゲームでは0-40とブレークポイントを握られる。ここで我慢のラリー戦を制した錦織が挽回してサービスキープし、第1セットを先取。

第2セットもミスを連発するティームから主導権を握り、第1セットと同様に第1・第3ゲームでブレーク。その後も攻撃の手を緩めない錦織はフォアハンドの強烈なウィナーやサーブ・アンド・ボレーを決めるなどで主導権を握り、ストレート勝ちをおさめた。

準決勝では、世界ランク71位のM・ククシュキン(カザフスタン)と対戦する。予選勝者のククシュキンは準々決勝で同40位のM・フチョビッチ(ハンガリー)を逆転で下しての勝ち上がり。

最終更新:10/27(土) 3:33
tennis365.net

あなたにおすすめの記事