ここから本文です

韓国・車俊煥がフィギュアGP初メダル 宇野Vのスケートカナダ

10/28(日) 10:09配信

聯合ニュース

【ソウル聯合ニュース】フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第2戦、スケートカナダ最終日が27日、ラバルで行われ、男子フリーで韓国の車俊煥(チャ・ジュンファン、17)が3位となる165.91点を出し、ショートプログラム(SP、88.86点)と合わせ254.77点で3位に入った。合計277.25点だった日本の宇野昌磨が2連覇を果たした。車はシニアのGPシリーズで初の表彰台に立った。韓国人選手がGPシリーズでメダルを獲得したのは2009年11月のスケートアメリカ女子で優勝したキム・ヨナ以来。

 

 SP3位でフリーに臨んだ車は冒頭の4回転トーループで転倒したが、その後の4回転サルコーで3.33点の加点を得るなど持ち直した。新プログラム映画「ロミオとジュリエット」のサウンドトラックにふさわしい表現力を見せたほか、スピンでも高い評価を得るなど、けがで苦しんだ昨季からの成長を見せた。

最終更新:10/28(日) 10:21
聯合ニュース

あなたにおすすめの記事