ここから本文です

デビュー10年の知英 日本行き「KARAのメンバーも応援してくれた」

10/28(日) 11:33配信

BuzzFeed Japan

女優、そしてJY名義でソロ歌手としても活動する知英。10月27日公開の日米合作映画『殺る女』では、運命に翻弄される寡黙な殺し屋・愛子を演じた。2018年はKARAとしてデビューしてから10年という節目の年。初の本格アクションにも挑戦した作品の思い出から、これまでの芸能活動について聞いた。
【BuzzFeed Japan / 徳重辰典】

【写真】ローラの母親、窪塚洋介の息子… あの芸能人の親子ショット


――アクション映画は初ですが念願だったそうですね。

今までずっとアクション映画をやりたいと言い続けてきたので、その夢がやっと叶いましたし、すごくカッコよく作ってもらえて嬉しいです。

演じた愛子は、ミスをしない腕のいい殺し屋。銃の持ち方や姿勢をプロっぽく見せたかったので、その都度その都度、指導してもらいました。お気に入りのシーンは全部です。今回は銃を持っている姿が結構出てくるので、そこを注目して見てほしいなと思います。

――撮影中に苦労はありましたか。

冬の2月にキャミソールだけを着ての撮影は大変でしたけど、それ以外は楽しかったです。

――寡黙で、表情で見せる演技が多かったのが印象的でした。

無表情に見える愛子ですけど、きっとその中ではいろんな感情が動いている。その感情の微妙な変化が出ることを信じてやっていたので、それが画面に映っていたらいいなって思います。

――今回の起用は監督たってのものだと聞いたのですが。

監督には「知英しか思いつかなかった」と言われました。ずっとアイドルとして活動していて、日本でもいろんな役をやっている。世間には笑顔の知英とか、末っ子の知英とか、明るいイメージが強いけど、監督が思う私はそうじゃなかった。

「笑顔の裏には闇もあるし、悲しみもあるんじゃないか。だから知英さんとやりたかった」と言われました。

――本当に闇があるんですか?

なくはないですよね、私も人間なんで(笑)。

――映画で演じた愛子は、両親を殺した相手への復讐心で生きています。そういうネガティブな感情をバネに生きていくという部分は、知英さんにもありますか。

正直、個人的には理解できないです。ネガティブな部分ももちろんありますけど、なるべくポジティブに生きていこうと思っている人間なので。悔しいとかネガティブな感情はなるべく忘れようとしますね。簡単じゃないけど。

1/2ページ

最終更新:10/28(日) 15:05
BuzzFeed Japan

あなたにおすすめの記事