ここから本文です

SiM、新曲「DiAMOND」のティザー映像を公開

10/29(月) 19:30配信

エキサイトミュージック

レゲエパンク・バンド、SiMの新曲「DiAMOND」が、“世界一アツい氷上バトル”として今年初めて日本に上陸して12 月7日(金)、8日(土) に横浜市の臨港パークで開催される「Red Bull Crashed Ice Yokohama 2018」のテーマソングとして書き下ろした新曲「DiAMOND」のティザー映像が公開となった。

【この記事の関連画像をもっと見る】

この映像は、これまで数々のSiMの映像作品を手掛けてきたINNI VISIONによるもので、フルサイズのMUSIC VIDEOへの期待が否が応にも期待が高まるもの。なお、同曲は11/1(木)AM0:00より、iTunes、レコチョク、Apple Music、LINE MUSICほか主要配信サイトで配信される。

Red Bull Crashed Ice Yokohama 2018は、アイスホッケー、ダウンヒルスキー、そしてスノーボードクロスの要素を取り入れた競技 「アイスクロス・ダウンヒル」の世界選手権ATSX Red Bull Crashed Ice World Championship (ATSX レッドブル・クラッシュドアイス・ワールドチャンピオンシップ)の 2018-19シーズン開幕戦にあたり、アイスホッケーのプロテクターを付けた選手が、街中に設置された高低差がある最長約600メートルの氷の特設コースを最高時速80kmに達するなか、一斉に滑り降りるレース。レースは1ヒート4名で行われ、コース途中に設置されたヘアビンカーブやバンクコーナー、連続バンプや段差などの障害物をかわしながら選手達が猛スピードで駆け抜ける様子は圧巻だ。2001年に初開催、2010年より世界選手権となり、これまで49大会を開催している。その記念すべき50回目の大会が、神奈川県横浜市で日本で初めて開催される。

あなたにおすすめの記事