ここから本文です

広島の配球の罠にはまった4番柳田の不振

2018/10/29(月) 6:12配信

THE PAGE

 初戦は、5打席あり、セカンドゴロ、三振、死球、三振、敬遠で、3打数2三振。この日も、4打席立ち、左飛、三振、中前安打、四球で、3打数1安打1三振。やっとシリーズ初ヒットは出たが、出口が見えた、という打撃内容ではなかった。

「広島バッテリーに非常に研究された配球で打ち取られている。初戦の大瀬良には、徹底してインサイドを攻められノーヒット。インサイドをストレートと、膝付近のカットボールで揺さぶられて柳田はまったくタイミングが合わなかった。そのインサイドへの攻めの残像が頭に残ったまま迎えたこの日の最初の打席は、逆にアウトコース中心の配球。石原の老獪なリードで、柳田の頭を混乱させておいて、4回の一死一、三塁のチャンスには、またツーシームを使ってインサイド攻めを徹底された。三振に終わった柳田の中途半端なスイングがすべてを物語っている。あそこで、1本打てれば試合の展開はわからなかった」

 池田氏は、柳田の不振ではなく、広島バッテリーの配球の罠が原因にあることを指摘した。

 2回の最初の打席は、外角にカットボールを集められてレフトフライ。3点を追う4回には一死一、三塁のチャンスで柳田に回ってきたが、今度は、ツーシームで内角を徹底して攻められた。カウント1-2から最後は、内角へのボール気味のツーシーム。柳田は、慌てて振ったようならしくないスイング。広島バッテリーに恐怖を与えるようなフルスイングではなかった。 
 池田氏が指摘するように内角攻めへの残像が残った中で、毎打席、広島バッテリーの配球が変わっていくので、柳田の頭の中は、もう混乱してしまっているのだろう。
 
 おまけに打撃優先で5番にスタメン起用されたデスパイネもジョンソン-石原のバッテリーに封じ込まれた。柳田が倒れて二死となったが、なおニ、三塁と続く得点機にデスパイネは大きなカーブを打たされてショートゴロ。守備のミスをバットで取り返せなかった。

「デスパイネには、意識的に遅い変化球を使った。緩急をつけられ、体が前に出てしまっていた」と、池田氏は、広島バッテリーの配球を絶賛した。

 試合後、工藤監督は、「バッターは悪くないが、それを上回ってジョンソンにいいピッチングをされた」と語ったが、後手後手に回っている広島の配球を克服しなければ、ソフトバンクの打線は勢いを取り戻すことはできないだろう。

 明日30日からは舞台をホームのヤフオクドームに移しての3連戦。柳田が、広島バッテリーに狂わされた頭の中を整理できるか、どうか。4番打者の復調が逆襲へのポイントとなる。

2/2ページ

最終更新:2018/10/29(月) 14:05
THE PAGE

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9/20(金) 15:10

あなたにおすすめの記事