ここから本文です

バルサが5発大勝!スアレスがハットトリックの大活躍【クラシコ】

10/29(月) 2:06配信

SPORT.es

日本時間29日、2018/19シーズン初の伝統の一戦、エル・クラシコがカンプ・ノウで開催され、スアレスがハットトリックを決めるなどマドリーを圧倒し、5-1でFCバルセロナが勝利を収めている。

FCバルセロナはメッシ、レアル・マドリーはクリスティアーノ・ロナウドと両チームエースが不在という中、今季初のクラシコを迎えた。

前半10分、バルサが先制。
ジョルディ・アルバが左サイドを抜け出し、ラキティッチからパスを受ける。深くまでドリブルで入ると中へクロス。中にいたコウチーニョが落ち着いてゴールへ流し込んだ。(1-0)

前半27分、スアレスがヴァランにPA内で倒され、一度は流されプレー続行するもVARで審判が確認しPKの判定。このPKをスアレスが左隅に決めた。(2-0)
スアレスはゴールパフォーマンスに、先日誕生した第3子ラウタロを含めた子供たちの写真がうつったインナーをカメラに向かって見せアピールした。

前半はバルサがマドリーを圧倒し迎えた後半49分、マドリーが息を吹きかえす。イスコが右サイド深い位置からクロス、バルサのDF陣に当たりながらもボールはマルセロの元へ。マルセロが胸トラップから右足でシュートを放ちゴールネットを揺らした。(2-1)

後半67分、マドリーが決定機を迎える。ルカス・バスケスがカウンターから右サイドを独走。右サイドからクロスあげベンゼマが頭で合わせるも僅かにゴール上に外れた。

後半74分、スアレスがドブレーテ。マドリーの前からのプレスを切り抜けたバルサは、コウチーニョの交代で入ったデンベレが中央からボールを前に運ぶ。右サイドを駆け上がったセルジ・ロベルトへパスすると、セルジ・ロベルトはアーリークロスを上げる。ファーサイドを狙ったと思われるクロスだが、手前にいたスアレスが頭で合わせ2点目を決めた。(3-1)

後半80分、マルセロが負傷交代でピッチを後に。直後後半82分、セルジ・ロベルトがラモスとの対人に勝利し、抜け出したスアレスにラストパス。スアレスはGKとの一対一を冷静にループでゴールネットを揺らした。(4-1)

後半86分、途中出場のアルトゥーロ・ビダルがゴール。
左サイドでボールを受けた途中出場のデンベレがドリブルを開始。一人かわすと左足でクロスを上げる。中にいたアルトゥーロ・ビダルが頭でゴールを奪った。(5-1)

SPORT.es

最終更新:10/29(月) 2:10
SPORT.es

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ