ここから本文です

メッシ不在を感じさせない破壊力! バルサ、スアレスのハットなど大量5ゴールでレアル撃破

10/29(月) 2:08配信

SOCCER KING

 リーガ・エスパニョーラ第10節が28日に行われ、バルセロナがレアル・マドリードとの“エル・クラシコ”を制した。

 先手を取ったのはホームのバルセロナ。11分、イヴァン・ラキティッチのスルーパスで左サイドの裏に抜け出したジョルディ・アルバがマイナス方向に折り返し、最後はゴール前でフリーになったフィリペ・コウチーニョが流し込んだ。

 さらに30分、エリア内でルイス・スアレスがラファエル・ヴァランに倒されると、ビデオ映像を確認した主審がPKの判定を下す。これをスアレスが自ら決めて、バルセロナのリードが2点に広がった。

 前半良いところのなかったレアル・マドリードはハーフタイムにヴァランを下げ、後半からルーカス・バスケスを投入。3バックにシステムを変更して挽回を図る。すると50分、右サイドを崩してエリア内に抜け出したイスコの折り返しをマルセロが押し込み、早い時間に1点を返した。

 システム変更が功を奏したことでレアル・マドリードが息を吹き返すと、試合は一進一退の攻防となる。しかし、レアル・マドリードがやや押し気味に進めていた75分にバルセロナが貴重な追加点を奪う。カウンターを仕掛け、エリア手前右でボールを持ったセルジ・ロベルトが中央へ浮き玉のパスを供給。反応したスアレスがヘディングで狙うと、シュートはゴール右隅に吸い込まれた。

 83分にはS・ロベルトが高い位置でボールを奪って素早くスルーパスを送ると、抜け出したスアレスがチップキックでGKの頭上を抜き、ハットトリックを達成。87分には途中出場のウスマン・デンベレが上げたクロスを、同じく途中からピッチに立ったアルトゥーロ・ビダルが頭で叩き込み、スコアは5-1となった。

 試合はこのままタイムアップを迎え、クラシコを制したバルセロナが首位キープに成功。一方、敗れたレアル・マドリードはリーグ戦3連敗となった。次節、バルセロナはアウェイでラージョ・バジェカーノと、レアル・マドリードはホームでバリャドリードと対戦する。

【スコア】
バルセロナ 5-1 レアル・マドリード

【得点者】
1-0 11分 フィリペ・コウチーニョ(バルセロナ)
2-0 30分 ルイス・スアレス(PK/バルセロナ)
2-1 50分 マルセロ(レアル・マドリード)
3-1 75分 ルイス・スアレス(バルセロナ)
4-1 83分 ルイス・スアレス(バルセロナ)
5-1 87分 アルトゥーロ・ビダル(バルセロナ)

【スターティングメンバー】
バルセロナ(4-3-3)
テア・シュテーゲン;S・ロベルト、ピケ、ラングレ、J・アルバ;ラキティッチ、ブスケツ、アルトゥール(84分 ビダル);ラフィーニャ(69分 セメド)、スアレス、コウチーニョ(74分 デンベレ)

レアル・マドリード(4-3-3)
クルトワ;ナチョ、ヴァラン(46分 L・バスケス)、S・ラモス、マルセロ(82分 マリアーノ);モドリッチ、カゼミーロ、クロース;ベイル(77分 アセンシオ)、ベンゼマ、イスコ

SOCCER KING

最終更新:10/29(月) 2:11
SOCCER KING

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ