ここから本文です

ウオッカの6番仔が英国の1歳セールに上場、父はフランケル

10/30(火) 18:57配信

netkeiba.com

 父フランケル、母ウオッカ(その父タニノギムレット)の1歳牡馬が、11月26日にイギリスのニューマーケットで行われる、タタソールズディセンバーセールに上場されることがわかった。

 父のフランケルはイギリスで14戦14勝、うちG1・10勝という実績をあげた活躍馬。産駒にはソウルスターリング、モズアスコット、クラックスマンなどがいる。

 母のウオッカは、牝馬ながら2007年の日本ダービーを制するなど、GI・7勝をあげた。現役を引退した後はアイルランドに渡り、シーザスターズ、フランケル、インヴィンシブルスピリットと、これまでは全て海外の種牡馬と交配されている。

 5番仔までは全て、母のウオッカと同じく谷水雄三オーナーが所有し、日本で競走馬生活を送っているが、6番仔にして初めてウオッカの仔がセールに上場されることとなる。

最終更新:10/30(火) 18:57
netkeiba.com

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事