ここから本文です

Apple、新型「MacBook Air」を発表 13.3インチRetinaディスプレイ搭載

10/30(火) 23:16配信

ITmedia NEWS

 米Appleは10月30日(現地時間)、新型「MacBook Air」を発表した。13.3インチRetinaディスプレイ(2560×1600ピクセル)を搭載し、従来モデルと比べてディスプレイ周囲のベゼル幅を狭くした。指紋認証機能「Touch ID」も備える。同日から購入予約を受け付け、11月7日に発売する。13万4800円(税別)から。

【写真10枚】新型「MacBook Air」をチェック

 従来モデルと比べて薄型化・軽量化し、体積は17%小型化。サイズは304.1(幅)×212.4(奥行き)×15.6ミリ(高さ)、重さは1.25キロ。

 CPUは第8世代のIntel Coreプロセッサを採用。1.6GHzデュアルコア Core i5を搭載する。メモリは8GBで、SSDストレージの容量ごとに128GBモデル(13万4800円)と256GBモデル(15万6800円)を用意する。いずれのモデルもメモリは最大16GB、SSDストレージは最大1.5TBまで拡張できる。

 トラックパッドは従来より20%広くなり、感圧タッチ(Force Touch)に対応。バタフライ機構の第3世代キーボードを採用し、従来の機構と比べるとキーの安定性が4倍よくなったという。ステレオスピーカーは、従来の2倍の低音域をカバーし、出力可能な音量は25%増。

 7月に発売した新型「MacBook Pro」と同様、セキュリティ強化のために独自の「Apple T2チップ」を搭載する。「Hey Siri」と呼び掛けると、音声アシスタント「Siri」を起動できるようになった。

 側面にUSB Type-Cポートを2つ備え、Thunderbolt 3にも対応。バッテリーの連続駆動時間は、動画視聴なら約13時間。カラーはゴールド、シルバー、スペースグレイを用意する。

ITmedia NEWS

最終更新:10/31(水) 1:33
ITmedia NEWS

あなたにおすすめの記事