ここから本文です

メルカリ、ヤフオク合わせて「取引800回以上」の私が、売れるコツや意外な盲点を紹介します

10/30(火) 15:00配信

マネーの達人

メルカリ、大人気ですね。

不用品がお金になって、必要なものは安くゲットできるなんて…

すっかりハマってしまった筆者は、気がつくとメルカリ、ヤフオク合わせて取引歴800以上になっていました。

今回は、そんな筆者の心がけていることをご紹介できたらと思います。

すでに実践済みのこともおありかもしれませんが、少しでもお役に立てれば幸いです。

主に洋服類を例にとっていますが、ほかの品でも応用してみてください。

1. タイトルに工夫する

・ 正式名称も略称も入れてみる
・ ブランド特有サイズも記載してみる。

タイトルには品物名をいれると思いますが、できれば正式名称と略称のどちらも記載したほうがいいです。

ブランドを記載する場合も同様です。

例:ワンピース ワンピ、など。

また、品物の正式名称という点ですが、こんな例があります。

某有名テーマパークのキャラクターの帽子を出品したのですが、しばらく売れませんでした。

それが「ファンキャップ」と呼ばれるものだとわかり、タイトルに記載したところ、すぐ売れました。

また、ブランド特有のサイズも記載すると、そのサイズを探している方にマッチします。

筆者自身の経験ですが、背の低い人用サイズを探しているので、32とかS3というような特定のサイズで絞り込むこともあります。

ですので一般的な、M、Lというサイズ以外も記載してみるのもいいかもしれません。

メルカリは、タイトルだけでなく、商品説明欄も検索されるので商品説明に書くのもいいですね。

2. 写真に注意する

・ できるだけはっきりと。
・ 1枚目は全体像
・ 2枚目は、首元をアップして

洋服の場合ですが、1枚目は全体像がわかるもの、2枚目は首元をアップして生地の質感が分かるようにすると喜ばれます。

タグが写っているとなおよいです。

他は、バックスタイルや、特に注目してほしいポイントなどを載せるといいでしょう。

3. 商品説明に工夫する

・ できるだけ、細かく測定する

スカートであれば丈、ウエスト。

トップスであれば、肩幅、着丈が記載されていると嬉しいですね。

筆者の話で恐縮ですが、小柄で服選びに苦労しているので丈の長さなどは重要項目なんです。

出品者に質問する時もありますが、できれば記載してくれるとありがたいですね。

また、元値を記載するとお得感が出て売れやすいです。

1/2ページ

最終更新:10/30(火) 21:26
マネーの達人

あなたにおすすめの記事