ここから本文です

「Tポイント」で投資も--SBI証券とCCCマーケティング、「SBIネオモバイル証券」設立

10/30(火) 18:06配信

CNET Japan

 SBI証券は10月30日、CCCマーケティングと金融事業における資本業務提携契約を締結し、同日付で合弁会社「SBIネオモバイル証券」(営業開始までにSBIネオモバイル証券準備会社から商号変更予定)を設立したと発表した。資本金・資本準備金は30億円。株主は、SBI証券とCCCマーケティング(出資割合は非公開)となる。

 SBIネオモバイル証券では、若年層に注力し、スマートフォンをメインチャネルとした金融サービスを提供。Tポイントプログラムを導入し、取引に応じたTポイントの付与および、Tポイントを使った金融商品の購入が可能な「Tポイント投資」を実施する。

 また、CCCマーケティングがこれまで培ってきたマーケティングノウハウを生かし、投資経験が少ない顧客にも利用しやすいサービスを提供する。さらに、Tカードの購買データを活用し、ビッグデータ解析に基づいた投資情報サービスを検討。SBI証券の顧客に対しても、Tポイント付与やTポイント投資の提供を予定している。

最終更新:10/30(火) 18:06
CNET Japan

あなたにおすすめの記事