ここから本文です

遠征勢必見 2018年秋のアキバ最新カプセルホテル事情

10/31(水) 15:00配信

アスキー

アキバ遠征の強い味方といえば、低コストで体をゆっくり休ませられるカプセルホテル。今回はアキバのカプセルホテル4店舗をご紹介いたします。
この連載は日々変化し続ける秋葉原の街の、ちょっとおもしろくて、ほんの少しだけ役に立ちそうな情報を紹介するコーナーです。

【もっと写真を見る】

遠征勢必見 2018年秋のアキバ最新カプセルホテル事情
 日本最大の電気街であり、なにかとイベントが催されることが多い“趣都”アキバ。日本全国から遠征に出かける方も多いと思います。そして、遠征に必要不可欠なものといえば、やはり疲れた体をゆっくりと休ませられる宿ですよね。せっかくなら秋葉原に宿泊して、買い物やイベントの拠点にしたいところ。
 
 交通の便がよい秋葉原は多くのホテルが営業していますが、なかでもお手ごろな金額で泊まれるカプセルホテルは、趣味にお金を使いたい我々の強い味方。今時のカプセルホテルは設備が充実していて、なおかつ清潔な施設が多いことは、みなさんもよくご存知なのではないでしょうか。
 
 秋葉原エリアでは、2018年10月現在、4軒のカプセルホテルが営業しているようです。なかには女性専用のカプセルホテルなどもありました。全国各地から遠征するみなさんは、ぜひ参考にしてください。なお、宿泊代金やチェックイン・アウトの時間は、宿泊時の曜日や季節、混雑状況等によって変動します。予約の際は各ホテルにご確認ください。
 
安心お宿 秋葉原電気街口店
 「安心お宿 秋葉原電気街口店」は「アキバの湯」と銘打った人工温泉でリラックスできる大浴場のほか、フリードリンクでくつろげるカフェスペースにはマッサージチェアやリクライニングシートを用意。Wi-Fiや充電器も完備しており、最大21時間ゆったりと滞在できるのが魅力。宿泊・休憩ともに男性専用のため、女性は利用不可なのでご注意を。
 
・住所:東京都千代田区外神田1-2-12(Googleマップリンク)
・チェックイン・アウト:15時~翌12時
・参考宿泊価格:税込4180円~
 
GLANSIT AKIHABARA(グランジット 秋葉原)
 「GLANSIT AKIHABARA(グランジット 秋葉原)」は男性フロアと女性フロアが分かれており、ラウンジなどのフリースペースも男女別なので女性も安心して利用できます。通常のカプセルタイプ以外にも、余裕あるパーソナルスペースを確保できる個室タイプや、友人と一緒に泊まれるツインタイプの個室なども、利用目的に応じて選択できます。
 
・場所:東京都千代田区外神田4-4-6(Googleマップリンク)
・チェックイン・アウト:17時~翌10時(他プランあり)
・参考宿泊価格:税込3500円~
 
ファーストキャビン秋葉原
 「ファーストキャビン秋葉原」は天井の高いキャビンタイプなので圧迫感がなく、ほぼ個室並みの空間に低価格で宿泊できるのが最大の魅力。大浴場やフリーラウンジが利用できるほか、Wi-Fi、LANケーブル、充電器等を完備しています。
 
・住所:東京都千代田区神田佐久間町3-38(Googleマップリンク)
・チェックイン・アウト:17時~翌10時
・参考宿泊価格:税込4500円~
 
秋葉原BAY HOTEL
 「秋葉原BAY HOTEL」は、館内設備からアメニティグッズまで、女性目線で考えられた女性専用カプセルホテル。パウダーブースにはコスメ類やヘアアイロンなども用意されており、女性に嬉しいサービスが充実しています。男性は宿泊・利用不可ですのでご注意を。
 
・住所:東京都千代田区神田練塀町44-4(Googleマップリンク)
・チェックイン・アウト:16時~翌10時
・参考宿泊価格:税込3100円~
 
文● 梶井工太郎 編集●南田ゴウ/ASCII編集部

最終更新:10/31(水) 15:00
アスキー

あなたにおすすめの記事