ここから本文です

今帰仁モリンガファーム、沖縄県産モリンガの供給強化

10/31(水) 18:45配信

健康産業速報

 今帰仁モリンガファームは、沖縄県産モリンガの原料・OEM供給および自社製品の卸販売事業を強化する。モリンガの認知度が高まり、引き合いが増えてきていることに対応する。

 モリンガはスーパーフードとして人気が上昇、健康食品への配合も増えている。

 同社は今帰仁村を中心に、モリンガの無農薬自然栽培を展開。毎年栽培地を拡大しており、現在の耕地面積は約1万7000平方メートルで、常時収穫できる畑は約4000平方メートル。今年は台風の影響もあるなか、常時、乾燥葉で約200kgの供給体制を敷く。

 自社製品は、今帰仁村産のモリンガ100%を使用したティーバックタイプの「もりもり健康茶」などをラインアップ、卸販売や製品OEMに対応する。

最終更新:10/31(水) 18:45
健康産業速報

あなたにおすすめの記事

あわせて読みたい