ここから本文です

なんて運が悪いんだ!プロポーズ直後に負傷した選手

2018/10/31(水) 15:17配信

ムンドデポルティーボ日本語公式

 チリのプリメーラ・ディビシオンで、1試合中に天国から地獄を経験した選手がいる。その選手の名前はエドゥアルド・ベロ。デポルテス・アントファガスタに所属する23歳のエクアドル人ミッドフィルダーだ。

【動画】ベロがプロポーズした場面と負傷したときの様子

 先日行われたエベルトン戦の前に、ベロはあるサプライズを計画していた。それは、スタンド観戦しているガールフレンドにプロポーズすることだ。試合当日、キックオフ前にスタンドを駆け上がったベロがパートナーに指輪を渡すと、周囲は抱き合う2人を笑顔で祝福した。計画は大成功だった。

 しかし、そのあと始まった試合でなんとベロは負傷してしまう。こんな日にどれだけ不運なのだろうか。精密検査の結果、右腓骨の骨折で全治1ヶ月と診断されたベロ。一刻も早い復帰を願うばかりである。

Mundo Deportivo

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事