ここから本文です

藤井聡太七段、1日2勝へまず1勝 2局目に勝てば二次予選へ/将棋・棋聖戦一次予選

2018/10/31(水) 14:02配信

AbemaTIMES

 将棋の最年少棋士・藤井聡太七段(16)が10月31日、棋聖戦一次予選で村田顕弘六段(32)を102手で下し、公式戦の連勝を「7」に伸ばした。現在、2局目で今泉健司四段(45)と対戦中。この対局に勝利すると、二次予選の2回戦への進出、さらに大石直嗣七段(29)との対局が決定する。

 棋聖のタイトルは現在、8大タイトルのうち唯一2つのタイトルを持つ豊島将之二冠(王位、棋聖=28)が保持している。挑戦権を得るには一次、二次予選を勝ち抜き、シード棋士を含む16人による決勝トーナメントを勝ち抜くことが必要となる。一次予選の対局は持ち時間各1時間。

最終更新:2018/10/31(水) 14:02
AbemaTIMES

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事