ここから本文です

「カメラを止めるな!」原案を主張 舞台DVDが謎の販売中止

11/1(木) 15:00配信

日刊ゲンダイDIGITAL

コラム【ギョーカイ“マル秘”雑記帳】

「突然、タワーレコードの販売ページが閉鎖され、Amazonも予約受け付けできなくなり、ただごとではない事態になっています」(ITライター)

 ワークショップでこしらえたインディーズ作品でたった2館での上映からスタートしたにもかかわらず、口コミであれよあれよと累計観客動員200万人、累計興行収入は30億円突破目前。上田慎一郎監督やキャストらは開催中の東京国際映画祭でレッドカーペットを練り歩くなど、ワールドワイドな作品に化けた「カメラを止めるな!」。公開から2カ月後の8月、パクリ疑惑が報じられケチがついたかと思いきや、結果的にその話題性も味方につけ、客足はいまだに伸びているという。

 そんななか、盗作疑惑を訴えていた側に新たなトラブルが……。原作(のちに「原案」扱いとなった)を主張していた舞台「GHOST IN THE BOX!!」の新録版DVD(写真=右)の発売が突然、ポシャったのだ。

 販売元のアルバトロスへ問い合わせると、「発売中止は事実です。ついこの間、というか、昨日ぐらいの話なのですが、作品の権利元が中止の意向という連絡があり、弊社はその意向に沿った形です」(担当者)。

 話題が話題を呼んだ作品だけに相当な予約があったと推測できるが、「発売後ではなく発売前に決まったのが、不幸中の幸いです」(同)。

 原案となった舞台のDVDが謎の販売中止。ちなみに映画“カメ止め”のDVDも12月5日に発売となる。一体、何があったのか。

あなたにおすすめの記事