ここから本文です

ユーチューバーの若者ら清掃 ハロウィーンから一夜明け 福岡の警固公園

11/1(木) 11:35配信

西日本新聞

 ハロウィーンから一夜明けた1日、福岡市中央区の警固公園で、仮装した人たちが残して帰った空き缶やごみを、有志で集まった若者たちが夜通しで片付け、清掃した。

【写真】ハロウィーンで大混雑 一夜明けた渋谷

 発起人は、久留米市に住むユーチューバーの諸藤健太郎さん(24)。東京や大阪でハロウィーン後に清掃に励む若者のニュースを目にしたのがきっかけで、10月30日の夜からツイッターなどで参加者を募り、賛同する声が広がった。

 31日午後11時半からごみ拾いを始めた。公園には、空き缶から壊れたコスプレ衣装まで、さまざまなごみが散乱しており、「拾っても拾っても追いつかない状態だった」(諸藤さん)。最初は5人だった作業も、次第に人が増え、1日午前1時ごろには約20人で取り組んだという。最終的には、吸い殻一つない状態まできれいになった。

 諸藤さんは「今後は、ハロウィーンに限らず、クリスマスや正月などの清掃活動も計画している」と話している。

西日本新聞社

最終更新:11/1(木) 16:51
西日本新聞

あなたにおすすめの記事