ここから本文です

滾る情熱!熊川版『ドン・キホーテ』公開リハーサル

11/2(金) 16:03配信

チケットぴあ

熊川哲也版『ドン・キホーテ』はとにかくおもしろい。南国スペインの光と影を刻む舞台美術。活き活きとした人物造形。そしてダンサーたちの全力を引き出すテクニカルな振付。誰よりも高く跳び、つむじ風のように舞台を駆けた熊川が生み出す振付は、やはり圧倒的だ。その『ドン・キホーテ』が、11月16日より上演される。開幕目前の10月31日、東京・文京区にある同カンパニーの稽古場で公開リハーサルが行われた。

【そのほかの画像はこちら】

まずは第1幕、主役のパ・ド・ドゥから。キトリ役は矢内千夏、バジル役は堀内將平、指導はプリンシパルの宮尾俊太郎。熊川本人から鍛え上げられてきた宮尾は、作品を隅々まで知り尽くしている。「そのポーズは止まらずに、もっと遊んで」「動きをもっとバウンスさせて」と、微細な動きのニュアンスを細やかに伝えていく。またこの場面には、脚を横に大きく上げたキトリをバジルが片手で高々と持ち上げる、非常に難しいリフトがある。女性が恐怖心で少しでも体を引けばバランスが崩れ、男性の手首のコントロールが一瞬でも甘くなれば、女性は美しい角度を保てない。宮尾は「人によって違うけど、僕の場合は……」と、自身の経験から得たコツを伝授。リフト前の立ち位置や男性の下腕の使い方など数センチ~数ミリ単位の微調整で、矢内と堀内の安定感が変わった。

今回主役を務める3組のうち、矢内と堀内は初日を踊る。矢内はステップのひとつひとつに弾力があり、その動きの質感から何とも言えぬ色香が立ち上る。対する堀内は、たくましさのなかに艶がある。バジルといえば強くアクセントを効かせてキレキレに踊るイメージがあるが、彼はたっぷりと音を使って余韻を醸すのが魅力的だ。

後半は第2幕〈夢の場〉。指導は芸術監督補佐の前田真由子が担当した。美しいバレリーナたちによる幻想的な群舞の場面だが、こうして間近で見ると、思いのほか大迫力。何しろ、これだけ大勢がピタリと揃って踊りつつ、フォーメーションを大胆に変化させていくのだ。みんな柔らかな表情で優美に踊っているが、その意識は鋭く周囲を捉え、動くタイミングや足を着く位置などに神経を張り巡らせているのがわかる。

Kバレエのダンサーは、ひとりひとりに輝きがある。群舞を見ていても、「次はこの人が頭角を現すのでは」と予感させる踊り手が何人もいて力強い。彼ら・彼女らの熱く滾るエネルギーがそのまま作品の魅力となる『ドン・キホーテ』の幕は、間もなく上がる。

公演は11月16日(金)から18日(日)まで、東京・東京文化会館 大ホールにて。その後、富山、新潟を周る。

取材・文:阿部さや子

最終更新:11/2(金) 16:03
チケットぴあ

あなたにおすすめの記事