ここから本文です

企業向けクラウドセキュリティ市場、2017年の96億円から2022年には220億円(IDC Japan)

11/2(金) 8:00配信

ScanNetSecurity

IDC Japan株式会社は11月1日、国内クラウドセキュリティ市場の2018年~2022年の予測を発表した。同社では、パブリッククラウド環境へのセキュリティ対策製品市場をクラウドセキュリティ市場と定義し、クラウドシングルサインオンとクラウドセキュリティゲートウェイ、その他クラウドセキュリティの3つの機能セグメントに分類し、市場規模算出・市場予測を行っている。

2017年の同市場は96億円(前年比19.7%増)となり、2017年~2022年の年間平均成長率(CAGR:Compound Annual Growth Rate)は18.0%、2022年には220億円に拡大すると予測している。

同市場は、企業におけるパブリッククラウドやモバイルデバイスの利活用が進展し、デジタルトランスフォーメーション(DX)の進展によって、パブリッククラウドやモバイルデバイスの利用が拡大し、ITリソースがパブリッククラウド上に展開されるケースが増加することから、パブリッククラウド上のITリソースを保護する目的としてクラウドシングルサインオンやマルウェア対策への需要が引続き高く、市場をけん引していくとみている。

また、社外からのモバイルデバイスによるパブリッククラウドの利用が拡大することで、会社が利用を認めていないクラウドサービスやデバイスなどの、「シャドーIT」による情報漏えいリスクが高まることから、ユーザの挙動分析やアプリケーションの稼働監視などを行うクラウドセキュリティゲートウェイソリューションへのニーズが高まるとみている。国内クラウドセキュリティゲートウェイ市場の2017年~2022年のCAGRは37.2%と予測している。

(吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa ))

最終更新:11/2(金) 8:00
ScanNetSecurity

あなたにおすすめの記事