ここから本文です

『豊饒の海』稽古場に潜入。身体と言葉で紡がれる幻想的な世界

11/2(金) 17:28配信

チケットぴあ

長田育恵脚本、マックス・ウェブスター演出で初演される『豊饒の海』。三島由紀夫最後の長編小説の舞台化とあって、全容が注目される舞台だ。本番を1週間後に控え、熱を帯びる稽古場を取材した。

【そのほかの画像はこちら】

稽古前、ウェブスターが「楽しんでいきましょう」と全員に声をかけ、1幕の通しがスタート。小説『豊饒の海』は、松枝侯爵の令息・清顕のはかない生涯を描いた第1作『春の雪』と、清顕の親友・本多が清顕の生まれ変わりと信じる3人の人物、勲、ジン・ジャン、透をそれぞれ主軸とする『奔馬』『暁の寺』『天人五衰』の、全4作からなる60年の物語。今回の舞台版では冒頭、清顕役の東出昌大、勲役の宮沢氷魚、ジン・ジャン役の田中美甫、透役の上杉柊平が登場する。まず東出が前に立ち、続いて宮沢が竹刀を構え、次に田中が俊敏にポーズを決め、そして上杉が現れ……。ひとりひとり、他の者に入れ替わるかたちで前に出る。小野寺修二のステージングで物語全体を象徴的に表すオープニングだ。

やがて再び東出が歩み出て、場面は『春の雪』に。優美な環境で育った清顕の憂いと倦怠感を、東出は美しく表現。そんな清顕と華族の聡子(初音映莉子)の一筋縄ではいかない恋を、大鶴佐助演じる本多が、誠実に、そして心配げに見守る。

ただし、この舞台は時系列通りには進行しない。大鶴の後ろから、同じ本多の老年時代を演じる笈田ヨシが姿を現す。そして始まるのは、老人となった本多が友人・慶子(神野三鈴)を伴い、透のもとを訪れる『天人五衰』の場面。上杉が演じる、16歳らしい若々しさと苦労を経験した者ならではの落ち着きを併せ持った透の脇腹に、本多は清顕と同じ3つの黒子を発見する。

しばらく『春の雪』と『天人五衰』の場面が交互に展開した後、舞台上には、本多の中年時代を演じる首藤康之の姿が。今度は『奔馬』の場面だ。神社で行われた剣道の奉納試合で精彩を放つ勲と出会う本多。宮沢が演じる危ういほどに真っ直ぐな勲の脇腹に、本多は3つの黒子を見つけ……。

つまりこの舞台では、複数の時代の物語が並行して進んでいく。2幕ではさらに『暁の寺』の物語も加わって、クライマックスへと向かうようだ。これら全ての目撃者となるのは、大鶴、首藤、笈田の3人が演じ繋ぐ本多。大鶴演じる本多が清顕を相手に100年後について語る場面を、笈田は舞台脇から真剣な眼差しで見つめていた。

三島が、死に魅入られていく清顕らを能のシテ、全てを見つめる本多を能のワキに見立てたと言われる本作。それだけに、今回の舞台美術は、下手側に通路のついた、能舞台を思わせるものとなっている。聡子が手折る草花や清顕が手にする木の枝を演者がその場で差し出すなどの演出にも、能に通じる部分がありそうだ。夢の場面などで繰り広げられる舞踊的な黙劇も見どころとなるだろう。

身体と言葉で幻想的に紡がれる舞台『豊饒の海』。その生々流転のドラマから、目が離せそうにない。公演は11月3日(土・祝)より、東京・紀伊國屋サザンシアター TAKASHIMAYAにて。

取材・文:高橋彩子

最終更新:11/2(金) 17:28
チケットぴあ

あなたにおすすめの記事