ここから本文です

世界最大の工作機械展示会から見えてきた“未来の工場”

11/2(金) 14:33配信

日刊工業新聞電子版

 1日、東京・有明の東京ビッグサイトで開幕した「日本国際工作機械見本市(JIMTOF)2018」には、製造業の転換期を実感できる先端の技術や製品がそろった。自動化・複合化技術、IoT(モノのインターネット)、人工知能(AI)、積層造形(AM)、音声操作など、現在、未来の工場の革新がここにある。

 DMG森精機は、JIMTOF史上初となる1ホール独占しての出展だ。「東8ホール」を一つのスマート工場に見立て、超大型加工機や複合加工機、AM機といった新鋭22台などを提案する。ブース内では初披露となる共同開発のAGV(無人搬送車)が走り、加工物を自動交換する。金属AMで製造した軽量で高剛性の工作機械構造体も動く。

 展示会の搬入期間は約1週間。当然、期間内に全てを設置し、つないだ。「この規模の工場ならば1週間で立ち上げられる」(森雅彦社長)とインテグレーション力を訴える。

 ヤマザキマザックは、スーパーメカを駆使し、世界各地の事故や災害現場で活躍する人々の物語『サンダーバード』とコラボレーションしたIoTブースを披露した。19年に迎える創業100周年企画の一環だ。

 サンダーバードは英国で65年制作の特撮テレビ番組。世界中で大ヒットした。大石亮経営企画室長は、「番組との共通コンセプトは技術で社会や未来に貢献すること。工作機械の興味を高めつつ、“遊び心”を持つ会社とアピールしたい」と話す。「機械をつなぐIoTだけでなく、人をつなぐことも進化させたい」と意気込む。

 旋盤の加工室で多関節ロボットが黙々と働く。旋盤前方のストッカーから加工対象物(ワーク)をつかんで加工位置にセット。加工中に発生する切り粉を除去しつつ、加工後にストッカーへ戻す。

 オークマの旋盤内蔵型ロボットシステム「アームロイド」は、工作機械の隣に設置するというロボットの常識を覆すものだ。

 アームロイドは一般的なロボットシステムと違い、設置スペースを取らない上、システムインテグレーター(SI)の導入支援も不要。中小製造業が導入しやすい。花木義麿社長が「今回の一番の目玉」と語る自信作だ。

1/2ページ

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ