ここから本文です

オランイェで109キャップのファン・デル・ファールト、現役引退へ。引退後については…

11/2(金) 12:01配信

GOAL

元オランダ代表MFラファエル・ファン・デル・ファールトが今シーズン限りで現役を引退する意向を示した。オランダ『telegraaf』が伝えた。

豪華すぎるメッシ、ベッカムらの豪邸…数十億円の家はまるでCGみたい!【43枚】

2000年にアヤックスでプロデビューしたファン・デル・ファールトは、これまでハンブルガーSVやレアル・マドリー、トッテナム、ベティス、ミッティランなどでプレー。今シーズンからはデンマークのエスビャウfBに所属していた。

ファン・デル・ファールトは、デンマークの新聞社『BT』で自身の将来について以下のように話した。

「今シーズンはまだプレーしているけど、そこからは止まることになるだろう。確実だね。トップレベルでプレーしてきたし、(キャリアは)良かったよ。今はもうそのレベルにないんだ。それは少し前から受け入れている。フットボールでは何があるかわからないけど、今シーズンがラストだろうね」

今後については以下のように話している。

「どうなるか見てみよう。オランダでのTVでの仕事もあるし、僕はそれが好きなんだ。信頼されれば、仕事はすることができるよ。コーチという選択肢もあるかもしれない。でも、僕はこれまでにコーチ陣たちとの悪い経験もあったし、教え子たちに僕について色々と考えさせたくない思いもあるね」

ファン・デル・ファールトはオランダ代表としても109キャップを記録。2010年の南アフリカ・ワールドカップでは日本代表と対戦し、母国の準優勝にも貢献した。

最終更新:11/2(金) 12:01
GOAL

あなたにおすすめの記事